KDDIクラウドプラットフォームサービス ナレッジサイト

本サイトはKDDIクラウドプラットフォームサービスVer.2のサイトです。
KDDIクラウドプラットフォームサービスVer.1をご利用のお客さまは一部異なる仕様があります。独自の仕様等については、こちらをご参照ください。ご利用のバージョン確認方法はこちらをご参照ください。

  • HOME
  • よくあるご質問
  • 機能・操作系
  • ISO
  • 言語パックのダウンロードができません(Windows Server 2012)

言語パックのダウンロードができません(Windows Server 2012)

【質問】


Windows Server 2012、Windows Server 2012R2にて言語パックのダウンロードを実施しようとしたところ、「言語パックを利用できません。」というエラーが出てダウンロードできません。

 

【回答】


言語パックが格納されているISOがアタッチされていないために発生しています。言語パックは、対応するISOに格納されています。
言語パックをダウンロードするためには、対応するISOをアタッチする必要があります。

 

●対処方法
<WIndows Server 2012の場合>
1.Admin Consoleより仮想サーバにisoをアタッチ (KDDI-Windows2012-Language-Pack)
2.仮想サーバ上のDVDドライブからフォルダでわけられた必要な言語のlp.cabファイルをローカルへコピー
 (英語(米国)であればen-usフォルダとなります。)
3.コマンドプロンプトを起動し、lp.cabをコピーした場所へ移動
4.下記コマンドの実行(完了まで15~20分程度時間がかかります。
 dism /online /add-package /packagePath:lp.cab
5.Admin Consoleより仮想サーバにisoをデタッチ (KDDI-Windows2012-Language-Pack)
6.Admin Consoleから仮想サーバを停止・起動

<Windows Server 2012R2の場合>
1.Admin Consoleより仮想サーバにisoをアタッチ (KDDI-Win2012R2-Language-Pack)
2.仮想サーバ上のDVDドライブからフォルダでわけられた必要な言語のlp.cabファイルをローカルへコピー
 (英語(米国)であればen-usフォルダとなります。)
3.コマンドプロンプトを起動し、lp.cabをコピーした場所へ移動
4.下記コマンドの実行(完了まで15~20分程度時間がかかります。
 dism /online /add-package /packagePath:lp.cab
5.Admin Consoleより仮想サーバにisoをデタッチ (KDDI-Win2012R2-Language-Pack)
6.Admin Consoleから仮想サーバを停止・起動

 

●参考情報
ISOのアタッチ・デタッチ

2021/10/23 2021/10/23