KDDIクラウドプラットフォームサービス ナレッジサイト

  • HOME
  • 開発者ガイドブック(APIリファレンス)
  • オブジェクトストレージ
  • Java SDKサンプルコード

Java SDKサンプルコード

Java SDKの主なメソッドの挙動を確認できるJavaサンプルコードを用意しております。
セットアップ手順は以下の通りとなります。

セットアップの前に、開発環境にJava 8、Mavenをインストールしてください。

 

 

*ご利用にあたっては、サポート対象外となりますのであらかじめご了承ください。

 

  1. お客さま開発環境にて以下のサンプルコードを展開してください。
    Java SDKサンプルコード
  2. サンプルコードを展開したディレクトリに移動し、ディレクトリ内に配置されたpom.xmlに記載された依存関係のあるパッケージをmavenコマンドでダウンロードします。
    $ cd aws-sdk-java-s3-examples
    $ mvn package
  3. aws-sdk-java-s3-examplesディレクトリが下記の構成となっていることを確認します。
    (ファイル数が多いので ListBuckets.javaの例としています)

    aws-sdk-java-s3-examples
    ├── logs
    ├── pom.xml
    ├── src
    │   └── main
    │       ├── java
    │       │   └── com
    │       │       └── kddi
    │       │           └── objectstorage
    │       │               └── examples
    │       │                   └── list
    │       │                       └── ListBuckets
    │       └── resources
    │           ├── default.properties_template
    │           └── logback.xml
    └── tmp
  4. 続いて、aws-sdk-java-s3-examples/src/main/resouces内にあるdefault.properties_templateを参考にdefault.propertiesを作成し、アクセスキー/シークレットキー/エンドポイントURL/バケット名の4つを設定してください。
    credentials.accesskey=お客さまのアクセスキー
    credentials.secretkey=お客さまのシークレットキー
    credentials.endpoint=お客さまのエンドポイント(ex: http://192.168.0.1)
    bucket.1=お客さまのバケット名
  5. バケット一覧を取得するサンプルコードを実行してみます。
    $ mvn compile
    $ mvn exec:java -Dexec.mainClass=com.kddi.objectstorage.examples.list.ListBuckets

    お客さまの作成したバケット名が表示されれば、サンプルプロジェクトのセットアップは完了です。

各サンプルコードの詳細は、下記コマンドで aws-sdk-java-s3-examples/target/site/apidocs/index.html が生成されるので参照ください。

$ mvn javadoc:javadoc
2021/06/21 2021/06/24