KDDIクラウドプラットフォームサービス ナレッジサイト

  • HOME
  • サービス
  • 共通サービス
  • Windows Server Update Services(WSUS)

Windows Server Update Services(WSUS)

概要

  • KCPSで提供しているWindows Serverは、パッチ非適用状態で提供しており、お客さまにて必要に応じて最新の状態に更新いただくものとなります。
  • KCPSで提供している標準テンプレート/OSイメージのOS初期設定では、KCPSで提供しているWSUSサーバーが設定されています。
  • 更新状態の設定は、デフォルトOFF設定となっているため、必要に応じて、お客さまにて手動 or 自動設定を行う必要があります。
  • KCPSで提供しているWSUSサーバーは、KCPSのご利用に必要な更新プログラムのみ提供しております。

 

サービス 対象ソフトウェア ※1 バージョン 更新プログラム 分類
Value
Premium
Windows server ※2 提供バージョン(テンプレート) ・Service Packs
・セキュリティ問題の修正プログラム
・重要な更新
Office Standard
Office Professional Plus
提供バージョン
SQL Server Standard
ベアメタルサーバー Windows server 提供バージョン(OSイメージ)

※1 KCPSにて提供しているWindows Server、およびアプリケーションが対象となります。

※2 KCPS ファイルサーバーは、Windows Server 2012R2 Standard Editionで提供しており、

   KDDI側にて運用上必要なパッチを都度判断して適用しております。

 

Monitoring Segmentと管理用ネットワーク

注意事項

  • KCPSで提供しているWSUSサーバーは、SLA対象外となります。
  • KCPSで提供しているWindows Serverを利用せず、お客さまにてWindowsライセンスを仮想サーバーに持込し構築され場合でも、お客さまが設定することでKCPSで提供しているWSUSサーバーをご利用できます。ただしサポート外のため、KDDIへの問合せはできません。必要に応じて、Microsoft社が提供しているインターネット上のWindows Update サイトをご利用ください。※お客さまにて持込いただいた、Office、SQL Serverについても同様となります。
  • KCPSで提供しているWSUSサーバーを利用する場合は、Monitoring Segmentから管理用ネットワーク(198.18.x.x)へのroute情報は削除しないように注意してください。
  • Microsoft社が提供しているインターネット上のWindows Update サイトをご利用する場合は、お客さまにて設定が必要となります。
  • Windows Updateの参照先を、インターネット経由に変更される場合、「Windows Updateからの更新プログラムをオンラインで確認する」をクリックすることで設定変更が可能となります。

 

サービス

2020/05/22 2020/05/22