• HOME
  • 申込み
  • これからご利用されるお客様

これからご利用されるお客様

新規でKCPSをお申込み頂く場合のお申込み手続きについてご紹介致します。
初回申込時に利用するネットワークを選択の上、各ネットワークで使用するアドレス空間を申請していただきます。
KDDI Wide Area Virtual Switch(以下WVS)/WVS2接続をお申し込みの場合、ネットワークを3つまで選択することができます。

※仮想サーバ作成後、デフォルトNIC以外のネットワークは、追加および削除が可能です。詳しくは、NICの追加・削除機能をご参照ください。

【利用サイト・ネットワークの種類】

No 項目 説明
1 メインサイト 東日本サイトまたは西日本サイトより選択してください。
2 標準ファイアウォール/
標準ロードバランサー
シングル構成。最大200Mbps。グローバルIPアドレスは契約ごとに最大7個まで利用可能。KCPSAdmin ConsoleにてIP・Port制限およびL4負荷分散の設定が可能です。
3 パブリックフロント
セグメント
10.1.1.0/24のプライベートアドレスが付与され、標準ファイアウォール/ロードバランサー上のグローバルIPアドレスと1対多NAT設定が可能。10.1.1.1はGWに割り当てられます。その他のアドレスは仮想サーバーにランダムに割り当てられます。
4 拡張ファイアウォール 冗長構成。最大1Gbps。DMZ構成が可能。グローバルIPアドレスは契約ごとに最大7個まで利用可能。拡張ファイアウォールAdmin ConsoleにてIP-Port制限に加え、IPS/IDなどセキュリティ機能の設定が可能です。
5 DMZセグメント お客さまイントラネットから/24のアドレス帯域を割り当ててください。また、拡張FW上のグローバルIPアドレスはDMZセグメントのアドレスから1対1NATの割り当てを行います。DMZセグメントに疎通可能なイントラフロントセグメントは1つのみとなります。
6 バックセグメント 任意のサブネット長でプライベートアドレスを指定いただきます。
7 イントラフロント
セグメント
WVS/WVS2接続をする場合、お客さまイントラネットから/24のアドレス帯域を割り当ててください。
8 拡張ロードバランサー KCPS Admin Consoleから拡張ロードバランサーのテンプレートを指定して、作成します。申し込み後、払い出されるライセンスキーをインストールすることで利用可能となります。
9 DRサイト 東日本および西日本サイトを同時に利用し、仮想サーバー冗長をお客さまにて構築していただくことでDR構成として利用することが可能です。

2020/01/20 2020/01/20