KDDIクラウドプラットフォームサービス ナレッジサイト

本サイトはKDDIクラウドプラットフォームサービスVer.2のサイトです。
KDDIクラウドプラットフォームサービスVer.1をご利用のお客さまは一部異なる仕様があります。独自の仕様等については、こちらをご参照ください。ご利用のバージョン確認方法はこちらをご参照ください。

  • HOME
  • よくあるご質問
  • 機能・操作系
  • 拡張LB
  • 【Pulse Secure】アクセス元IPアドレスを拡張ロードバランサのIPアドレスに変換されないようにしたい

【Pulse Secure】アクセス元IPアドレスを拡張ロードバランサのIPアドレスに変換されないようにしたい

【質問】


仮想サーバーにてアクセスログを記録しているが、

記録されているIPアドレスがアクセス元のIPアドレスではなく、拡張ロードバランサのIPアドレスになっている。

仮想サーバーのアクセスログにアクセス元のIPアドレスを記録したい。

 

【回答】


以下手順にて、アクセス元IPアドレスのアクセスログの記録が可能となります。

1.GUI管理画面にて、以下項目を選択します。

[Services] – [Virtual Servers] – [作成したVirtualServer] – [Connection Management] – [HTTP-Specific Settings]

2.以下項目の設定します。
[add_cluser_ip] をyesに変更

※noと設定した場合は、拡張ロードバランサのIPアドレスを記録します。

2022/08/12 2022/08/12