KDDIクラウドプラットフォームサービス ナレッジサイト

本サイトはKDDIクラウドプラットフォームサービスVer.2のサイトです。
KDDIクラウドプラットフォームサービスVer.1をご利用のお客さまは一部異なる仕様があります。独自の仕様等については、こちらをご参照ください。ご利用のバージョン確認方法はこちらをご参照ください。

  • HOME
  • よくあるご質問
  • 機能・操作系
  • 拡張LB
  • 【Pulse Secure】SSL証明書の更新がうまくいかないため、対処方法を教えてほしい

【Pulse Secure】SSL証明書の更新がうまくいかないため、対処方法を教えてほしい

【質問】


拡張ロードバランサでSSL証明書の更新がうまくいかない。

 

【回答】


証明書更新の手順が正しくない可能性があります。
証明書は1つのファイルで管理されているため、「SSLサーバ証明書」と「中間証明書」を別々に更新を行うと、証明書が上書きされてしまい不完全な状態で更新されてしまいます。
「中間証明書」をご利用の場合は下記手順で実施してください。
●手順
SSLサーバ証明書・中間証明書同時更新手順 SSLサーバ証明書の更新の際は、Pulse Secure管理WebUIにてSSLサーバ証明書と中間証明書をあわせて貼り付けます。

1. [Catalogs] > [SSL] > [SSL Server Certificates catalog] > [対象のSSLサーバ証明書名]をクリック
2. [Export CSR / Sign Certificate] > [Replace certificate]に更新後のSSLサーバ証明書および中間証明書を貼り付け
例)以下のようにSSLサーバ証明書と中間証明書を並べて貼り付け
—–BEGIN CERTIFICATE—–
~~~省略~~~
—–END CERTIFICATE—–
—–BEGIN CERTIFICATE—–
~~~省略~~~
—–END CERTIFICATE—–
3. [Update Certificate]ボタンをクリック

 

2022/08/12 2022/08/12