KDDIクラウドプラットフォームサービス ナレッジサイト

本サイトはKDDIクラウドプラットフォームサービスVer.2のサイトです。
KDDIクラウドプラットフォームサービスVer.1をご利用のお客さまは一部異なる仕様があります。独自の仕様等については、こちらをご参照ください。ご利用のバージョン確認方法はこちらをご参照ください。

  • HOME
  • よくあるご質問
  • 機能・操作系
  • 拡張LB
  • 【Pulse Secure】Passiveヘルスモニタとは何ですか?

【Pulse Secure】Passiveヘルスモニタとは何ですか?

【質問】


Passiveヘルスモニタとは何ですか?

 

【回答】


PassiveヘルスモニタとはPulse Secure Virtual Traffic Managerが提供しているヘルスモニタ機能の一種です。
PassiveヘルスモニタではクライアントからのリクエストをPulse Secureが受け付け、負荷分散対象のサーバに送信するタイミングで、負荷分散対象のサーバの状態を確認します。

– TCPのセッションが、制限時間内に接続できない場合
– HTTPのレスポンスコードが、503の場合
– HTTPのレスポンスのフォーマットが不正な場合

Passiveヘルスモニタでは異常状態であると判断してから、node_fail_timeパラメータで設定された期間を経過後、その負荷分散対象サーバにリクエストの送信を試みます。(node_fail_timeはデフォルト60秒)

 

2022/11/30 2022/11/30