KDDIクラウドプラットフォームサービス ナレッジサイト

本サイトはKDDIクラウドプラットフォームサービスVer.2のサイトです。
KDDIクラウドプラットフォームサービスVer.1をご利用のお客さまは一部異なる仕様があります。独自の仕様等については、こちらをご参照ください。ご利用のバージョン確認方法はこちらをご参照ください。

  • HOME
  • よくあるご質問
  • 機能・操作系
  • 拡張LB
  • 【Pulse Secure】ヘルスモニタリング間隔について教えてください

【Pulse Secure】ヘルスモニタリング間隔について教えてください

【質問】


ヘルスモニタリング間隔について教えてください。

 

【回答】


Passiveヘルスモニタリングではない能動的なヘルスモニタ処理では、障害状態であると判定したサーバーに対してのヘルスモニタ間隔を徐々に延長し、最大でnode_fail_timeまで延長します。

back_offの設定をNoにすると、徐々にヘルスモニタ間隔を延長する処理は行われません。
モニタ間隔は、ノードフェイル検出時はdelayで定められた間隔ですが、ノードフェイルを検出してから、delayの値 x 2、delayの値 x 4、delayの値 x 8という様に増加し、
node_fail_timeに達すると、その値が監視間隔になります。

2022/11/30 2022/11/30