KDDIクラウドプラットフォームサービス ナレッジサイト

本サイトはKDDIクラウドプラットフォームサービスVer.2のサイトです。
KDDIクラウドプラットフォームサービスVer.1をご利用のお客さまは一部異なる仕様があります。独自の仕様等については、こちらをご参照ください。ご利用のバージョン確認方法はこちらをご参照ください。

  • HOME
  • よくあるご質問
  • 機能・操作系
  • 拡張LB
  • 【Pulse Secure】セッション維持対象のサーバがダウンしている場合の動作を教えてください

【Pulse Secure】セッション維持対象のサーバがダウンしている場合の動作を教えてください

【質問】


セッション維持対象のサーバがダウンしている場合の動作を教えてください。

 

【回答】


セッション維持対象サーバがダウンしている場合の動作は、各セッション維持クラスのfailuremodeパラメータで設定します。
このパラメータが取る値は下記の通りです。(デフォルト値は”Choose a new node to use”です。)

Choose a new node to use 新しいサーバを選択します。
Redirect the user to a given URL … 指定したURLにリダイレクトします。
Close the connection (using error_file on Virtual Servers > Edit > Connection Management) コネクションをクローズします。

また、deleteパラメータでセッション維持対象サーバがダウンしている場合に、既存のセッション維持情報を削除するか否かを設定できます。
Choose a new node to useを指定すると既存セッション維持情報を削除します。
failuremodeパラメータはGUI上で設定することができます。

 

●手順
1. Catalogs -> Persistence -> “セッション維持クラス名”と遷移します。
2. failuremodeパラメータ、Deleteパラメータを設定するラジオボックスがありますので、任意の値を選択し、Updateボタンクリックします。

 

2022/08/08 2022/08/08