KDDIクラウドプラットフォームサービス ナレッジサイト

本サイトはKDDIクラウドプラットフォームサービスVer.2のサイトです。
KDDIクラウドプラットフォームサービスVer.1をご利用のお客さまは一部異なる仕様があります。独自の仕様等については、こちらをご参照ください。ご利用のバージョン確認方法はこちらをご参照ください。

  • HOME
  • よくあるご質問
  • 機能・操作系
  • 拡張LB
  • 【Pulse Secure Virtual Traffic Manager】仮想サーバで利用するSSLのバージョンを変更することは可能ですか?

【Pulse Secure Virtual Traffic Manager】仮想サーバで利用するSSLのバージョンを変更することは可能ですか?

【質問】


Pulse Secure Virtual Traffic Managerの仮想サーバで利用するSSLのバージョンを変更することは可能ですか?

 

【回答】


仮想サーバで利用するSSLのバージョンはデフォルトでSSLv3、TLSv1、TLSv1.1、TLSv1.2が利用可能です。

●手順
例えばTLSv1でのみ通信がしたい場合は、下記の様に設定変更することが可能です。

1. System -> Global Settingsと遷移し、”SSL Configuration”を展開します。
2. 下記パラメータでそれぞれのバージョンのSSLをサポートするかを指定することができます。
変更の上、ページ下部のUpdateボタンをクリックすることで設定変更が行えます。

ssl!support_ssl2
ssl!support_ssl3
ssl!support_tls1
ssl!support_tls1.1
ssl!support_tls1.2

2022/11/30 2022/11/30