KDDIクラウドプラットフォームサービス ナレッジサイト

本サイトはKDDIクラウドプラットフォームサービスVer.2のサイトです。
KDDIクラウドプラットフォームサービスVer.1をご利用のお客さまは一部異なる仕様があります。独自の仕様等については、こちらをご参照ください。ご利用のバージョン確認方法はこちらをご参照ください。

  • HOME
  • よくあるご質問
  • 機能・操作系
  • 拡張LB
  • 【Pulse Secure】クライアントのIPアドレスをX-Forwarded-Forヘッダに格納する方法を教えてほしい

【Pulse Secure】クライアントのIPアドレスをX-Forwarded-Forヘッダに格納する方法を教えてほしい

【質問】


クライアントのIPアドレスをX-Forwarded-Forヘッダに格納する方法を教えてほしい。

 

【回答】


Pulse Secureではデフォルトで”X-Cluster-Client-Ip”というヘッダをリクエストに追加することで、クライアントIPアドレスを負荷分散対象サーバへ送信します。
負荷分散対象サーバの制約で、”X-Forwarded-For”を設定する必要がある場合には、下記の手順でルール設定をしてください。

 

●手順
1. Catalog -> Rule Builderと遷移し、任意のルール名でルールを作成します。
2. 下記のActionを設定し、Updateボタンをクリックします。(Conditionは設定しません。)
-Set Header: Header
Name: X-Forwarded-For
New Value: %REMOTE_IP%

3. Services -> Virtual Servers -> “仮想サーバ名” -> “Rules”と遷移し、1で作成したルール名を”Request Rules”セクションの”Add rule”プルダウンから選択します。
4.”Add Rule”ボタンをクリックし、ルールを追加します。

 

2022/11/30 2022/11/30