KDDIクラウドプラットフォームサービス ナレッジサイト

本サイトはKDDIクラウドプラットフォームサービスVer.2のサイトです。
KDDIクラウドプラットフォームサービスVer.1をご利用のお客さまは一部異なる仕様があります。独自の仕様等については、こちらをご参照ください。ご利用のバージョン確認方法はこちらをご参照ください。

  • HOME
  • よくあるご質問
  • 機能・操作系
  • 拡張LB
  • 【Pulse Secure】バックエンドサーバへのコネクション数を制限したい

【Pulse Secure】バックエンドサーバへのコネクション数を制限したい

【質問】


バックエンドサーバへのコネクション数を制限したい

 

【回答】


バックエンドサーバへのコネクション数は下記の方法で制限することが可能です。

 

●手順
1. (GUI上で)Services -> Pool -> “プール名” -> Connection Managementと遷移します。
2. Connection Managementセクションで下記パラメータを設定することで、各バックエンドサーバへの最大コネクション数と接続待ちコネクションのキューに関する動作をカスタマイズできます。

max_connections_pernode 負荷分散対象サーバごとの最大コネクション数。デフォルトは0(無制限)
queue_timeout max_connections_pernodeでコネクションの最大値を設定することでキューされてしまった接続待ちコネクションのタイムアウト値。
タイムアウトに達するとクライアントには500応答が返る。デフォルトは10(秒)
max_queue_size 接続待ちコネクションの最大キューサイズ。キューサイズの上限に達するとクライアントには500が返る。デフォルトは0(無制限)

 

2022/11/30 2022/11/30