KDDIクラウドプラットフォームサービス ナレッジサイト

本サイトはKDDIクラウドプラットフォームサービスVer.2のサイトです。
KDDIクラウドプラットフォームサービスVer.1をご利用のお客さまは一部異なる仕様があります。独自の仕様等については、こちらをご参照ください。ご利用のバージョン確認方法はこちらをご参照ください。

  • HOME
  • よくあるご質問
  • 機能・操作系
  • 拡張LB
  • 【Pulse Secure】バックエンドサーバのメンテナンス時の切り離し方法を教えてください

【Pulse Secure】バックエンドサーバのメンテナンス時の切り離し方法を教えてください

【質問】


バックエンドサーバのメンテナンス時の切り離し方法を教えてください。

 

【回答】


バックエンドサーバに対して新規リクエストの受付を抑制するドレイニングという機能があります。
この機能を利用し、対象バックエンドサーバへの既存のリクエストの処理が終了した時点で、サービスに影響を与えずバックエンドサーバのメンテナンスを開始することができます。

 

●手順
1. (GUI上で)Services -> Pool -> “プール名”と遷移します。
2. Basic Settingsセクションで対象Nodeの”State”を”Draining”に変更し、Updateボタンをクリックします。
3. Activity -> Draining Nodesと遷移すると、2でドレイニング状態にしたバックエンドサーバに対するアクティブなコネクション数が確認できます。
4. 3の結果コネクション数が0であればServices -> Pool -> “プール名”と遷移しBasic Settingsセクションで対象Nodeの”State”を”Disabled”に変更し、サービスから切り離します。

 

2022/11/30 2022/11/30