KDDIクラウドプラットフォームサービス ナレッジサイト

本サイトはKDDIクラウドプラットフォームサービスVer.2のサイトです。
KDDIクラウドプラットフォームサービスVer.1をご利用のお客さまは一部異なる仕様があります。独自の仕様等については、こちらをご参照ください。ご利用のバージョン確認方法はこちらをご参照ください。

  • HOME
  • よくあるご質問
  • 機能・操作系
  • 拡張LB
  • 【Pulse Secure】CSR、秘密鍵の作成方法を教えてください

【Pulse Secure】CSR、秘密鍵の作成方法を教えてください

【質問】


CSR、秘密鍵の作成方法を知りたい。

 

【回答】


公的証明書発行機関へ証明書の発行を依頼する際にはCSRを送信する必要がありますが、Pulse Secureでは、GUIからCSRを作成することができます。
その際、自己署名証明書と秘密鍵も作成されます。
●手順
GUIでのCSRの作成方法は以下の通りです。
1.(GUI上で)Catalogs -> SSL -> SSL Certificates catalog -> “証明書名” -> Export CSR / Sign Certificateと遷移します。
2.”Certificate Signing Request (CSR)”というセクションが表示されますので、画面のテキストフィールドをコピーします。
※公的証明書発行機関から証明書が発行された後、Brocadeに証明書を登録する際には、証明書ファイルの他に秘密鍵ファイルを登録する必要があります。
※秘密鍵ファイルはGUIからダウンロードすることはできません。

3.秘密鍵ファイルは下記のディレクトリに作成されますので、scpなどを利用して作業用パソコンにダウンロードしてください。
$ZEUSHOME/zxtm/conf/ssl/server_keys/xxxxxxxxxx.private

※$BZEUSHOMEはPulse Secureのインストールディレクトリに読み変えてください。

 

 

2022/08/12 2022/08/12