KDDIクラウドプラットフォームサービス ナレッジサイト

本サイトはKDDIクラウドプラットフォームサービスVer.2のサイトです。
KDDIクラウドプラットフォームサービスVer.1をご利用のお客さまは一部異なる仕様があります。独自の仕様等については、こちらをご参照ください。ご利用のバージョン確認方法はこちらをご参照ください。

  • HOME
  • よくあるご質問
  • 機能・操作系
  • ネットワーク
  • Linux系OSにてネットワークの再起動後、モニタリングセグメントのルート情報が消える

Linux系OSにてネットワークの再起動後、モニタリングセグメントのルート情報が消える

【質問】


Linux系OSでネットワークの再起動を実施後、モニタリングセグメント管理サーバ向けのルート(198.18.0.0)が消失した。

 

【回答】


Linux系 OSの仕様です。
サーバを稼動させたまま、ネットワークのみをリスタートした場合、ルート情報が消失します。
●対処方法
・サーバ再起動が可能な場合
サーバの再起動を実施いただく事で/etc/init.d/opt_networkが自動で読み込まれ、消失したルート情報が復旧致します。

・ネットワークのみのリスタートがお客さまの作業上必要な場合
以下のコマンドを実施してください。
# /etc/rc.d/init.d/opt_network start

・上記コマンドにてネットワーク全体に影響を及ぼしたくない場合
# route add -net 198.18.0.0 gw 198.18.xxx.xxx metric 0 netmask 255.255.255.224 eth xx

※最後のInterface指定(eth xx)については、お客さまの仮想サーバに搭載している仮想NICのネットワーク構成によって、Interfaceが変化します。
各仮想サーバにてifconfigコマンドを実施し、198~で始まるIPアドレスが設定されているInterfaceを指定してください。

 

2022/08/12 2022/08/12