KDDIクラウドプラットフォームサービス ナレッジサイト

本サイトはKDDIクラウドプラットフォームサービスVer.2のサイトです。
KDDIクラウドプラットフォームサービスVer.1をご利用のお客さまは一部異なる仕様があります。独自の仕様等については、こちらをご参照ください。ご利用のバージョン確認方法はこちらをご参照ください。

  • HOME
  • よくあるご質問
  • 機能・操作系
  • ネットワーク
  • Windows Server 2012/2012R2にて通信断が発生するときがある
  • HOME
  • よくあるご質問
  • 機能・操作系
  • 仮想サーバ
  • Windows Server 2012/2012R2にて通信断が発生するときがある

Windows Server 2012/2012R2にて通信断が発生するときがある

【質問】


KDDI標準提供テンプレートから作成したWindows Server 2012/2012R2の仮想サーバにて、通信断が発生するときがあります。

【回答】


 

仮想サーバが正しいドライバを読み込んでいない場合に通信断が発生することがあります。
NICの追加後に仮想サーバの停止・起動を実施していない場合、正しいドライバが読み込まれておりません。
Admin Consoleから仮想サーバの停止・起動を実施する事で正しいドライバが読み込まれます。
※再起動では事象は改善されません。

 

下記手順にてドライバの確認を行ってください。

 

<ドライバの確認方法>
[コントロールパネル] – [ネットワークとインターネット] – [ネットワークと共有センター]- [アダプターの設定の変更]

ドライバ名:vmxnet3 Ethernet Adapter

上記以外のドライバが存在する場合、Admin Consoleから仮想サーバの停止・起動し事象が改善されることを確認してください。

 

参考情報

NICの追加・削除【Ver2のみ】

2021/10/23 2021/10/23