KDDIクラウドプラットフォームサービス ナレッジサイト

本サイトはKDDIクラウドプラットフォームサービスVer.2のサイトです。
KDDIクラウドプラットフォームサービスVer.1をご利用のお客さまは一部異なる仕様があります。独自の仕様等については、こちらをご参照ください。ご利用のバージョン確認方法はこちらをご参照ください。

  • HOME
  • よくあるご質問
  • 機能・操作系
  • 各種オプション
  • ウィルスチェック
  • SAVFL(Symantec Anti Virus for Linux)の初回起動時に定義ファイル更新(LiveUpdate)が失敗する
  • HOME
  • よくあるご質問
  • 機能・操作系
  • 各種オプション
  • SAVFL(Symantec Anti Virus for Linux)の初回起動時に定義ファイル更新(LiveUpdate)が失敗する

SAVFL(Symantec Anti Virus for Linux)の初回起動時に定義ファイル更新(LiveUpdate)が失敗する

【質問】


SAVFL(Symantec Anti Virus for Linux)の初回起動時に定義ファイル更新(LiveUpdate)が失敗してしまいます。

 

【回答】


フルサイズのウイルス定義ファイルをダウンロードする際に、お客さま仮想サーバ側のキャッシュが不足していることに起因した問題です。
●対処方法
キャッシュフォルダの最大サイズを変更することで対処が可能です。
以下手順をご確認ください。

●手順
設定ファイルの置き換え作業

 

2021/10/15 2021/10/15