KDDIクラウドプラットフォームサービス ナレッジサイト

本サイトはKDDIクラウドプラットフォームサービスVer.2のサイトです。
KDDIクラウドプラットフォームサービスVer.1をご利用のお客さまは一部異なる仕様があります。独自の仕様等については、こちらをご参照ください。ご利用のバージョン確認方法はこちらをご参照ください。

  • HOME
  • よくあるご質問
  • 機能・操作系
  • 仮想サーバ
  • 仮想サーバ作成時、「仮想サーバが起動できません」と表示され、仮想サーバを作成することができない

仮想サーバ作成時、「仮想サーバが起動できません」と表示され、仮想サーバを作成することができない

【質問】


ポップアップメッセージ「仮想サーバが起動できません。」が表示され、仮想サーバを作成することができません。原因は何ですか?

 

【回答】


グローバルIPアドレスの払い出しができないために発生している可能性があります。

グローバルIPアドレスは、すべてのゾーンで合わせて最大7個まで使用可能ですが、
新たなゾーンにて、PubliFrontSegmentを割り当てた仮想サーバを新規で作成する場合、
PublicFrontSegment用の仮想ルータが新規作成されます。
その際、PublicFrontSegment用の仮想ルータには、グローバルIPアドレスが1個必要となり、
グローバルIPアドレスが確保できない場合、仮想サーバへのIPアドレスの払い出しを行うことができなくなります。

そのため、東のゾーンですでに7個のグローバルIPアドレスを使用している状況において、
西のゾーンで新たにPublicFrontSegmentを割り当てた仮想サーバを新規で作成しようとすると
仮想サーバの作成に失敗することがあります。

 

 

2022/08/12 2022/08/12