KDDIクラウドプラットフォームサービス ナレッジサイト

本サイトはKDDIクラウドプラットフォームサービスVer.2のサイトです。
KDDIクラウドプラットフォームサービスVer.1をご利用のお客さまは一部異なる仕様があります。独自の仕様等については、こちらをご参照ください。ご利用のバージョン確認方法はこちらをご参照ください。

  • HOME
  • よくあるご質問
  • 機能・操作系
  • 仮想サーバ
  • Windows Server OSを再起動後、NICに169.254~で始まるIPアドレスが付与され、通信ができない

Windows Server OSを再起動後、NICに169.254~で始まるIPアドレスが付与され、通信ができない

【質問】


Windows Server OSを再起動後、NIC(ネットワークアダプタ)に169.254~で始まるIPアドレスが付与され、通信ができません。

 

【回答】


DHCP Client サービスによるIPアドレスの取得要求、もしくは取得要求に対するDHCPサーバの応答が、正しく行なわれていない可能性があります。
Windows Server OSの起動時の挙動の問題であるか、DHCPサーバの問題であるか切り分けを行う必要があります。

●対処方法
・Windows ファイアウォールなどのパーソナルファイアウォールにて、 当該NICの同一セグメント内に対するDHCPの通信が阻害されていないかご確認ください。
・DHCP Client サービスの停止/起動を実施し、IPアドレスが付与されるかご確認ください。

上記対処方法にて改善されない場合は故障窓口へご連絡ください。

 

 

2022/08/12 2022/08/12