KDDIクラウドプラットフォームサービス ナレッジサイト

本サイトはKDDIクラウドプラットフォームサービスVer.2のサイトです。
KDDIクラウドプラットフォームサービスVer.1をご利用のお客さまは一部異なる仕様があります。独自の仕様等については、こちらをご参照ください。ご利用のバージョン確認方法はこちらをご参照ください。

  • HOME
  • よくあるご質問
  • サービス仕様
  • ネットワーク
  • 「xx.xx.xx.xx [送信元 NAT]」とは何ですか

「xx.xx.xx.xx [送信元 NAT]」とは何ですか

【質問】


以下項目に表示されている「xx.xx.xx.xx [送信元 NAT]」とは何ですか。

「インスタンス管理」 – 「ネットワーク」 – 「PublicFrontSegment」 – 「IPアドレス」 – 「 xx.xx.xx.xx [送信元NAT] 」

【回答】


「xx.xx.xx.xx [送信元 NAT]」と表示されているIPアドレスは、
1対多のNAT通信を目的としてシステムによって作成されるグローバルIPアドレスです。

グローバルIPアドレスと仮想サーバを1対1で紐付けする場合は、新たにグローバルIPアドレスを取得して設定してください。
グローバルIPアドレスと仮想サーバを1対多で紐付けする場合は、「xx.xx.xx.xx [送信元 NAT]」と表示されているグローバルIPアドレスなどに、各仮想サーバごとにポート転送の設定をしてください。
 

例:仮想サーバ①~③は1対多でのNATを想定、仮想サーバ④は1対1でのNATを想定している場合の設定

仮想サーバ名 PublicFrontSegmentのIPアドレス グローバルIPアドレス ポート転送
仮想サーバ① aa.aa.aa.a xx.xx.xx.xx [送信元NAT] 10001
仮想サーバ② aa.aa.aa.b xx.xx.xx.xx [送信元NAT] 10002
仮想サーバ③ aa.aa.aa.c xx.xx.xx.xx [送信元NAT] 10003
仮想サーバ④ aa.aa.aa.d ff.ff.ff.ff

 

 

2022/08/12 2022/08/12