KDDIクラウドプラットフォームサービス ナレッジサイト

本サイトはKDDIクラウドプラットフォームサービスVer.2のサイトです。
KDDIクラウドプラットフォームサービスVer.1をご利用のお客さまは一部異なる仕様があります。独自の仕様等については、こちらをご参照ください。ご利用のバージョン確認方法はこちらをご参照ください。

  • HOME
  • リリースノート
  • 【KCPS ベアメタルサーバー】 BMCリモート接続機能のリリースおよびRAID提供範囲を拡充しました
  • HOME
  • リリースノート
  • 新機能
  • 【KCPS ベアメタルサーバー】 BMCリモート接続機能のリリースおよびRAID提供範囲を拡充しました
  • HOME
  • リリースノート
  • 機能改善
  • 【KCPS ベアメタルサーバー】 BMCリモート接続機能のリリースおよびRAID提供範囲を拡充しました

【KCPS ベアメタルサーバー】 BMCリモート接続機能のリリースおよびRAID提供範囲を拡充しました

2019年9月19日より、KCPSベアメタルサーバーにて「BMCリモート接続」機能および、Large、xLargeサーバーへの「RAID5 / RAID6」機能の提供を開始いたしました。

■BMCリモート接続

これまでKCPS ベアメタルサーバー構築作業時には、KCPS Value等で踏み台サーバーを構築し、踏み台経由でベアメタルサーバー本体のBMC RemoteConsoleへアクセスする必要がありました。本機能のリリースによって、踏み台サーバーを構築することなくKCPS Admin Consoleより直接ベアメタルサーバーのBMC RemoteConsoleへアクセスすることが可能となり、利便性が大きく向上します。

具体的なご利用方法は[ハンズオン] – [BMC リモート接続(i2サーバー)]をご参照ください。
※ベアメタルサーバーのホスト名の接頭辞がi1のサーバーについては本機能の提供はございません。


■Large、xLargeサーバーにおけるRAID5 / RAID6機能

これまでLarge, xLargeサーバーのディスクについてはJBODモードのみご利用可能でしたが、お客さまより多くのご要望を頂いておりましたRAID5、RAID6の機能を次の3種類のサーバーで提供開始します。

  • i1.Large-24
  • i2.Large-24
  • i2.xLarge-48

これに伴いRAID利用時のサーバ起動状態での故障交換(活性交換)にも対応開始します。RAIDによってストレージ可用性を担保することで1~2台のスモールスタートでのご利用が可能となります。

RAIDの具体的な仕様については[ベアメタルサーバー] – [ベアメタルサーバー] – [仕様]をご参照ください。

リリースノート

2020/05/22 2020/05/22