KDDIクラウドプラットフォームサービス ナレッジサイト

本サイトはKDDIクラウドプラットフォームサービスVer.2のサイトです。
KDDIクラウドプラットフォームサービスVer.1をご利用のお客さまは一部異なる仕様があります。独自の仕様等については、こちらをご参照ください。ご利用のバージョン確認方法はこちらをご参照ください。

  • HOME
  • 新機能
  • KCPS Blancco消去証明書オプションのリリースおよび VMware仮想化オプション ご提供ゲストOSの拡充
  • HOME
  • お知らせ
  • KCPS Blancco消去証明書オプションのリリースおよび VMware仮想化オプション ご提供ゲストOSの拡充
  • HOME
  • 更新履歴
  • KCPS Blancco消去証明書オプションのリリースおよび VMware仮想化オプション ご提供ゲストOSの拡充

KCPS Blancco消去証明書オプションのリリースおよび VMware仮想化オプション ご提供ゲストOSの拡充

平素は、KDDIクラウドプラットフォームサービス(KCPS)をご利用いただきまして誠にありがとうございます。
2019年9月27日より、KCPS Blancco消去証明書オプション、およびKCPS ベアメタルサーバー VMware仮想化オプションのゲストOSとして「Windows Server 2019」「Red Hat Enterprise Linux 8」の提供を開始致しました。

 

KCPS Blancco消去証明書オプション

本オプションは、データ消去ソリューションを世界的に提供するリーディングプロバイダーであるBlancco社のソフトウェアによるデータ消去と証明書発行を提供するものです。Blancco社のデータ消去ソリューションは全世界15以上の政府機関、法務機関、独立した研究機関などによって検証され認証/承認/推奨を受けており、本オプションをお客さま自身にご活用頂くことでKCPS ベアメタルサーバーのディスク内のデータ消去を適切に実行頂けます。

概要および具体的なご利用方法は以下のページをご参照ください。

[ベアメタルサーバー] – [Blancco消去証明書オプション] – [仕様]

[ハンズオン] – [消去証明書オプションご利用の流れ]

 

KCPS ベアメタルサーバー VMware仮想化オプションご提供ゲストOSの拡充

KCPS ベアメタルサーバーにてVMware仮想化オプション申込時、ご利用頂けるゲストOSとして次の3種類を新たに提供開始します。

  • Windows Server 2019 Standard Edition
  • Windows Server 2019 Datacenter Edition
  • Red Hat Enterrprise Linux 8

ご提供OSのバージョンによる提供価格の違いはございません。

具体的な仕様については以下のページをご参照ください。

[ベアメタルサーバー] – [VMware仮想化オプション] – [仕様]

 

今後もお客さまに寄り添った、クラウドサービスを目指して機能拡充を進めてまいります。
引き続きKCPSをご愛顧賜りますようよろしくお願いいたします。

最終更新日時:2020/05/01 19:18

新機能

  • カテゴリーなし
2022/07/06 2022/07/06