KDDIクラウドプラットフォームサービス ナレッジサイト

  • HOME
  • KCPS提供テンプレート一覧

KCPS提供テンプレート一覧

テンプレートはKDDIが特定時期に作成した仮想サーバのコピーです。

なお、RHELテンプレートは表に記載のカーネルバージョンで作成されています。カーネルバージョンをアップデートする際にはお客様にて動作確認の上実施いただきますようお願いいたします。Symantec Endpoint Protection(SEP)ありのテンプレートをご利用のお客様につきましてはこちらもあわせてご確認いただきますようお願いいたします。

 

※以前提供していたテンプレートはこちらをご確認ください。

OS種別
OS起動ボリューム(GB) ウイルスチェック Value

Premium *1,2

カーネルバージョン
(RHEL)

End of Life*7

Windows
or
Linux
バージョン モデル bit (SEP)有無 最大CPU (vCPU) 最大メモリ (GB) 最大CPU *3 (vCPU) 最大メモリ *4 (GB)
Windows
Server
2012 DataCenter 64 100 あり/なし 8 32 16 58 2023/10
Standard
2012 R2 DataCenter 64 32 16 58
Standard
2016 *6 DataCenter 2027/1
Standard
RHEL
*5

6.10

32 100 あり/なし 8 32 16 16 2.6.32-754.el6.i686 2020/11
64 58 2.6.32-754.el6.x86_64
7.5 64 58 3.10.0-862.el7.x86_64

2024/6

2024/6

7.8 64 58
3.10.0-1127
CentOS
*5

6.10

32 100 なし 8 32 16 16
64 58
7.5 64

58

7.8 64

58

3.10.0-1127

*1 Premiumサーバ上に作成できる仮想インスタンスのOSに認識される最大のvCPU/メモリーを表しています。
*2 オーバーコミットすることが可能です。
*3 オーバーコミットしない場合、仮想インスタンスに割り当てられるvCPU数の合計は15vCPUとなります。(12vCPUのPremiumの場合は、11vCPUとなります。)
*4 オーバーコミットしない場合、仮想インスタンスに割り当てられるメモリーサイズの合計は58GBとなります。(48GBのPremiumの場合は、42GBとなります。)
*5 テンプレートで作成したOSとインスタンスの詳細画面との表示に差異が発生する場合があります。
*6 Windows2016テンプレートに関しましては、現在、KCPSマネージドオプションの監視ツール『Mackerel』のプラグイン”mackerel-plugin-windows-server-sessions”(WindowsServerセッション数の監視)がご利用できません。
*7 2020年3月現在の情報です。最新の情報は各社のウェブサイトよりご確認ください。
End of Lifeは対象の製品ベンダーのサポート期限に応じ決定いたします。そのため、製品ベンダーのサポート期限の変更などを起因として本オプションのEnd of lifeもお客さまへの事前通知なく変更させていただく可能性がございますこと、あらかじめご了承ください。

KCPS提供テンプレート一覧

2020/11/20 2020/11/20