KDDIクラウドプラットフォームサービス ナレッジサイト

本サイトはKDDIクラウドプラットフォームサービスVer.2のサイトです。
KDDIクラウドプラットフォームサービスVer.1をご利用のお客さまは一部異なる仕様があります。独自の仕様等については、こちらをご参照ください。ご利用のバージョン確認方法はこちらをご参照ください。

  • HOME
  • よくあるご質問
  • サービス仕様
  • 各種オプション
  • アプリケーション
  • KCPS上で使用するWindows ServerでCALやRDS-CALは必要ですか?
  • HOME
  • よくあるご質問
  • サービス仕様
  • 各種オプション
  • KCPS上で使用するWindows ServerでCALやRDS-CALは必要ですか?

KCPS上で使用するWindows ServerでCALやRDS-CALは必要ですか?

【質問】


KCPS上で使用するWindows ServerでCAL(クライアント アクセス ライセンス)は必要ですか。
また、リモート接続する際にRDS-CAL(Remote Desktop Service)は必要ですか?

 

【回答】


・CALについて
KDDIの提供するテンプレートで構成されたWindows Server(SPLA) では、Windows Server CAL は必要ありません。

・RDS-CALについて
リモートでユーザーがWindowsに接続する場合はRDS-CAL(リモート デスクトップ サービス クライアント アクセス ライセンス)が必要になります。
RDS-SALはKCPS申し込み別紙にてお申し込みください。

サービス 利用方法
Premiumの場合 お客さまがお持ちのRDS-CALを持ち込むことが可能です。
また、KDDIより1ID月額 700円にてRDS-SAL(Remote Desktop Service-Subscriber Access License)として提供する事も可能です。
Valueの場合 KDDIより1ID 月額700円にてRDS-SALとして提供します。

 

●参考情報
・Windows Server CAL …ユーザーがWindows Serverへアクセスすることが可能です。
・RDS-CAL …リモートでユーザーがWindows Serverへアクセスすることが可能です。

 

2021/10/23 2021/10/23