KDDIクラウドプラットフォームサービス ナレッジサイト

  • HOME
  • 申込み
  • 新規申込方法
  • ベアメタルサーバーの申込・構築例

ベアメタルサーバーの申込・構築例

構成図

一般的なベアメタルサーバーの構築例です。申し込みと環境構築の手順について、ご説明致します。

 

ポイント

(1) 設計の自由度

一般的なIaaSと異なり、ハイパーバイザーの利用に制限が無いため既にお客さまにてご利用の
ハイパーバイザーを持込み、ライセンスや従来から利用している運用ツールなどを継続して活用することで
コストを抑えつつ、オンプレミスと同様の設計自由度でご利用いただけます。

(2) ネットワーク親和性

KDDIが提供する安定したネットワークで、コストを抑えてセキュアにご利用いただけます。

(3) VMware vSANのスモールスタートに最適 

VMware認定構成のサーバーHW(vSAN Ready Node)を採用しており、vSANを従量課金でご利用いただけます。

申し込み手続き

KCPSの申し込みは、KDDI 法人営業担当者へご連絡ください。こちらのページからKDDI 法人営業担当者へ連絡することも可能です。

お申し込みいただきますと、数日後にKCPSの本契約を行うためのメールがお手元に届きます。こちらの内容をご確認の上、メールに記載されているURLにアクセスしてください。以下で、そのURL先での申し込み手続きについてご説明致します。

手順と画面イメージ 制限事項・TIPS

①利用サイト選択

KCPSをお申込みされるご利用サイトと、ベアメタルサーバーをお申込みされるご利用サイトを選択してください。

画像では、JP2-East(東日本)とベアメタルサーバー(東日本)、JP2-West(西日本)とベアメタルサーバー(西日本)を選択しています

②インターネット利用選択

インターネットのプランはご利用用途に応じて、以下3パターンより選択してください。
拡張FWをお申込みの場合は、STANDARD(拡張FW)か   HIGH SECURITY(拡張FW+JSOC)を選択してください。

・LIGHT(標準FW)※デフォルト
・STANDARD(拡張FW)
・HIGH SECURITY(拡張FW+JSOC)

画像では、STANDARD(拡張FW)を選択しています

③拡張LB利用選択

拡張LBをお申込みされる場合はご利用数を入力し、お進みください。拡張LBをお申込みされない場合は空欄のまま「拡張LBを利用しない」でお進みください。

④NW設定
DMZセグメント設定

②インターネット利用選択で拡張FWをお申込みの場合のみDMZセグメントの入力が必要です。

DMZセグメント設定には以下の情報を入力します。

  • 利用グローバルIPアドレス数
  • NAT先IPアドレス内訳
  • IPセグメント空間
    • サブネットマスク
    • ネットワークアドレス

画像は、「DMZセグメントを追加する」をクリックした時に表示されるフォームです。

④NW設定
バックセグメント設定

バックセグメントをお申込みの場合のみバックセグメントの入力が必要です。

バックセグメント設定には以下の情報を入力します。

  • サブネットマスク
  • ネットワークアドレス
  • 仮想サーバ用物理IPアドレス数

画像は、「バックセグメントを追加する」をクリックした時に表示されるフォームです。

④NW設定
WVS接続設定

②インターネット利用選択で拡張FWをお申込みの場合はWVS接続設定が必要です。また、拡張FWのお申込みがなくてもWVS接続をご希望の場合は入力が必要です。

WVS接続設定には以下の情報を入力します。

  • VPNコード
  • Intra Front Segment
    • サブネットマスク
    • ネットーワークアドレス
    • 仮想サーバ用物理IPアドレス数
  • Intra NW Segment
    • ネットワークアドレス

画像は、「WVS接続を追加する」をクリックした時に表示されるフォームです。

一時保存

ネットワークの設定は専門知識が必要とされるため、入力に時間がかかると想定されます。この時点で一時保存いただきますと、設定作業を容易に行うことができます。

 

⑤確認
申し込み内容の確認

お申込み内容に相違がないか、以下の3項目をチェックしてください。

  • 料金詳細
    ※ベアメタルサーバーをお申込みされる場合、「メニューの選択内容」が「利用する」になっていることを必ずご確認ください。
  • JP2-East、もしくはJP2-West、もしくは両方
  • 拡張FW・拡張LB設定

以上で申し込みは完了です。

WVSを利用される場合は、開通まで約10営業日かかります。開通準備が完了しましたら、お手元にご案内のメールが届きますので、そちらをご確認ください。

構築手順

開通しましたら、以下の手順でベアメタルサーバーを構築します。
https://doc.cloud-platform.kddi.ne.jp/guidebook/hands-on/bare-metal-server/serviceflow/

 

2020/08/07 2020/08/07