KDDIクラウドプラットフォームサービス ナレッジサイト

本サイトはKDDIクラウドプラットフォームサービスVer.2のサイトです。
KDDIクラウドプラットフォームサービスVer.1をご利用のお客さまは一部異なる仕様があります。独自の仕様等については、こちらをご参照ください。ご利用のバージョン確認方法はこちらをご参照ください。

  • HOME
  • よくあるご質問
  • 機能・操作系
  • 仮想サーバ
  • ゲストOSを起動するとイベントログにソース「DNS Client Events」、イベントID:1014の警告イベントが記録される

ゲストOSを起動するとイベントログにソース「DNS Client Events」、イベントID:1014の警告イベントが記録される

【質問】


Windows Serverを起動すると、イベントログにソース「DNS Client Events」、イベントID:1014の警告イベントが記録されますが、これは何ですか。

 

【回答】


Windows Server OS起動時、あらかじめNICに登録されたDNSサーバに到達できない場合に記録される警告イベントです。
以下対処方法をご確認ください。

●対処方法
・ログへの警告を止める場合
NICの設定を確認し、到達可能なDNSサーバを仮想サーバへ設定してください。

※Public Front SegmentおよびDMZ Segmentについては、KDDI提供の外向けDNSサーバ (106.187.226.171)もご利用可能です。
ただし、KDDI提供のDNSサーバについてはKCPSのサポート対象外となります。
常時インターネット接続が必須な仮想サーバで、恒久的にDNS利用をご検討される場合は、 お客さまにてDNSサーバをご用意くださいますようお願い致します。

 

●参考情報
Value 仮想サーバに設定されるIPアドレス一覧表 【Ver2】
Premium 仮想サーバに設定されるIPアドレス一覧表 【Ver2】

 

2022/08/12 2022/08/12