KDDIクラウドプラットフォームサービス ナレッジサイト

  • HOME
  • 【Flexible】
  • 仕様【Flexible】

仕様【Flexible】

バージョン/サイト/ゾーンについて

本サービスで提供しているバージョン・ゾーンについては、お客さまのご契約のタイミングで以下となります。

バージョン・ゾーンごとに提供可能なサーバー台数に上限があります。
Premium新規販売停止に伴うPremiumからFlexibleへのマイグレーション用リソースとしての位置づけのため、ご利用のバージョン・ゾーンの提供サーバー数が上限に達した場合、完売となります。

バージョン

サイト 申込受付時期 基本メニュー イントラ接続
東日本 西日本 Flexible KDDI WVS

KDDI WVS2

ゾーン*1*2 VMware

KCPS

Ver.1

Tokyo01 Osaka01

左記ゾーンにおいて既存開通済みユーザーのみ利用可能。新規申込の受付はしておりません。

*3

jp-east02
jp-east03
jp-west02

*1 Admin Consoleでの表記
*2 Premium販売済みの対象ゾーンに対し、順次リリースします。
*3 WVS2との接続は、WVS経由で可能となります。

サービス提供範囲

  • 本サービスでは、仮想化基盤およびネットワーク(センター側※)とのバックボーン接続までをご提供致します。
    ご利用拠点からの接続には、インターネット回線もしくは KDDIWVSの各種アクセスメニュー/オプションメニューのご契約が必要です。
    ※KCPSとKDDI WVSの接続点となります。
  • 契約範囲および構築、運用範囲は以下の通りです。
  • 【Ver1】構築・運用オプションをご利用いただくことにより、お客さまの一部運用作業をKDDIが請け負うことも可能です。
レイヤ 契約 構築 運用 オプション
アプリケーション お客さま ウイルスチェック etc
仮想サーバー/OS OSオプションの契約範囲 お客さま
※Admin Consoleによる操作
お客さま 構築・運用
ストレージ etc
仮想化基盤 基本メニューの契約範囲 KDDI
※ファイアウォール/ロードバランサーはお客さまがAdmin Consoleにて設定
KDDI
※基本監視範囲
物理ハードウエア

ネットワーク

(ファイアウォール/ロードバランサー)

拡張ファイアウォール

拡張ロードバランサー etc

ネットワーク(センター側)
ネットワーク(アクセス側) 別途契約が必要
ご利用端末 お客さまご用意

システム構成

物理構成 仮想サーバー単位で提供します。Flexibleの仮想サーバー作成時にご希望のリソースをご選択ください。
標準で100GBまでの専用システムストレージが割り当てられます。
冗長構成 物理設備は冗長構成となっており、ハードウエアと仮想化基盤の障害時は、待機系サーバーに自動で切り替わります 。
仮想化基盤が検知可能な仮想サーバーの障害時は、自動で再起動します。同一HW上で再起動不可の場合は、
待機系サーバーで起動します。OSおよびアプリケーションの障害の場合は、再起動および待機系サーバーへの
切り替わりは発生しません。
FlexibleではVMwareのDRS機能を用いて、稼動系サーバーN台からなるクラスタを構成しています。
稼動系サーバーの障害時は、クラスタを構成するほかの稼働系サーバーへ、障害が発生したサーバー上の
仮想サーバーが自動的にフェールオーバします。

Flexible(仮想化基盤:VMware)におけるリソース割り当て方法

  • 利用したい仮想サーバーに必要なリソースを割り当ててることが可能です。
  • vCPU数とメモリーサイズ
    • vCPUとメモリーは定められた範囲のあいだで自由に組み合わせできます。
    • 稼働している仮想サーバーのメニュー変更ができます。vCPUとメモリーサイズの組み合わせを変更する場合は、以下の制約があります。
    • 仮想サーバー作成後のメニュー変更についてはこちらをご確認ください。
    32bitOS 64bitOS
    LinuxOS small1 LinuxOS small1以外
    仮想サーバーを停止した後、変更してください 仮想サーバー起動中もサイズアップは可能です
    ただし、WindowsOSでは、再起動するまでタスクマネージャの
    表示は変更されません
  • ボリュームサイズ
    • OS起動ボリューム(ルート/Cドライブ)の容量
      • KDDIの提供可能OSテンプレートの場合100GBとなります。
      • 拡張LBやマイテンプレートはそのテンプレートで指定した容量(切上げ)となります。
    • OS起動ボリューム以外のボリューム
      • 10GB単位で最大2TBまで割り当てることができます。
  • 1仮想サーバーに最大13ボリューム(OS起動ボリューム除く)を割り当て可能です。
  • ボリュームの接続(アタッチ)はインスタンス起動中でも動的に可能です。ボリュームの取り外し(デタッチ)はサーバー停止の上での実施を推奨します。
    ※一度割当てたボリュームの容量拡張はできますが、縮小はできません
  • OS上で認識されるボリュームの順番は、Admin Consoleで仮想サーバーにボリュームを接続した順番となります。

【利用OSごとの割り当て可能リソース数】

ゲストOS ストレージ種別
システムストレージ データストレージ
OS起動ボリューム OS起動ボリューム以外
Windows Server 100GB 10GB単位で
1ボリューム
最大2TB
10GB単位で
1ボリューム
最大2TB
RedHat Enterprise Linux
Cent OS

エクストラアベイラビリティ

  • Admin ConsoleでFlexibleの仮想サーバーを作成する際、サーバーが収容されるストレージシステムの分散収容グループ(2グループのいずれか)を指定することができます。
  • 分散収容グループの指定は、Flexibleの仮想サーバー作成時のみ可能です。
  • 仮想サーバー作成後にエクストラアベイラビリティを「適用なしから適用あり」、または「適用ありから適用なし」への変更や、分散収容グループを変更することはできません。
  • 異なる分散収容グループに属する仮想サーバー上にアプリケーションを冗長配置することで、ストレージシステムの2重障害時もサービス影響を受けないシステムを構築することができます。
  • 追加ストレージ(システム/データストレージ)も分散収容対象になります。
  • Group1でアタッチしていた追加ストレージ(システム/データストレージ)をデタッチ後、Group2にアタッチした場合、マイグレーションしGroup2でアタッチします。
  • 無償でご提供します。
  • エクストラアベイラビリティを適用して分散収容する場合、分散対象の仮想サーバーが別々のグループに作成されている必要があります。
  •  仮想サーバー作成時に以下のいずれかに該当する場合、仮想サーバーの作成はエラーとなります。
    • 指定したゾーンがFlexible提供ゾーンで提供していない場合
    • 指定したCPU/メモリーの仮想サーバーを作成可能なリソースが完売の場合
    • 仮想サーバー作成時のエラーの画面についてはこちらをご確認ください。
2021/06/21 2021/06/24