KDDIクラウドプラットフォームサービス ナレッジサイト

本サイトはKDDIクラウドプラットフォームサービスVer.2のサイトです。
KDDIクラウドプラットフォームサービスVer.1をご利用のお客さまは一部異なる仕様があります。独自の仕様等については、こちらをご参照ください。ご利用のバージョン確認方法はこちらをご参照ください。

  • HOME
  • よくあるご質問
  • 【vThunder】テンプレート作成する際、「パスワード管理有効」のチェックは入れる必要があるか
  • HOME
  • よくあるご質問
  • 機能・操作系
  • テンプレート
  • 【vThunder】テンプレート作成する際、「パスワード管理有効」のチェックは入れる必要があるか

【vThunder】テンプレート作成する際、「パスワード管理有効」のチェックは入れる必要があるか

【質問】


拡張ロードバランサの「vThunder」のテンプレート(LB-vThunder-*.*.*[template])を使用して作成した仮想サーバをもとに新たにテンプレート作成を行う場合、テンプレート作成時に「パスワード管理有効」のチェックは入れる必要があるか。

 

【回答】

「パスワード管理有効」にチェックを入れる必要はございません。
「パスワード管理有効」は、Admin Consoleにて仮想サーバーのパスワードを初期化するために利用されます。
vThunderのテンプレート(LB-vThunder-*.*.*[template])を用いて作成された仮想サーバーは、仮想サーバー作成時に発行されるパスワードを利用しないため、「パスワード管理有効」にチェックを入れずにテンプレートの作成を実施してください。

※vThunderはWebブラウザを用いて管理画面にログインします。
 管理画面へのログインに利用する初期ID、初期パスワードにつきましては、以下参考情報をご参照ください。

●参考情報
仮想サーバの構築[A10 vThunder]


2021/10/23 2021/10/23