KDDIクラウドプラットフォームサービス ナレッジサイト

本サイトはKDDIクラウドプラットフォームサービスVer.2のサイトです。
KDDIクラウドプラットフォームサービスVer.1をご利用のお客さまは一部異なる仕様があります。独自の仕様等については、こちらをご参照ください。ご利用のバージョン確認方法はこちらをご参照ください。

  • HOME
  • よくあるご質問
  • 機能・操作系
  • VMスナップショットを取得してから24時間以上保持した場合の影響について
  • HOME
  • よくあるご質問
  • VMスナップショットを取得してから24時間以上保持した場合の影響について
  • HOME
  • よくあるご質問
  • 機能・操作系
  • スナップショット
  • VMスナップショットを取得してから24時間以上保持した場合の影響について

VMスナップショットを取得してから24時間以上保持した場合の影響について

【質問】


VMスナップショットを取得してから24時間以上保持してしまいました。どのような影響がありますか?

 

【回答】


  • VMスナップショットは、取得後、24時間以内に必ず削除または切り戻しの実行をしてください。
  • 長時間、VMスナップショットを放置した場合や、24時間以内であっても、VMスナップショットを取得した後のデータ書き込みが多い場合、データが破損する恐れがあります。
    また24時間以上保持されたVMスナップショットについて、データの完全性を担保しておりません。(VMwareの仕様となります)
  • VMスナップショットの削除または切り戻しをするまでは、ディスクの追加はできません。
  • VMスナップショットは作業時の一時的な切り戻し手段としてご利用ください。
    長期的なバックアップ保存が目的の場合は通常のスナップショットをご利用ください。

※VMスナップ取得をしてから24時間以内であっても、VMスナップショットの削除または切り戻しができない場合は、故障窓口までご連絡ください。


2022/11/30 2022/11/30