KDDIクラウドプラットフォームサービス ナレッジサイト

  • HOME
  • サービス
  • ベアメタルサーバー
  • ベアメタルサーバー
  • カタログ・タスク機能

カタログ・タスク機能

概要

この機能はベアメタルサーバーを新規作成時、もしくは作成後のサーバーに対して一部OSのインストールやハードウェアへの設定変更を自動で行う機能です。

詳細

カタログ・タスク一覧(サーバー新規作成時)

サーバー作成時に実行できるカタログ一覧です。

カタログ名 詳細
ESXi6.5 サーバー作成時にVMware ESXi 6.5をインストールします。
仮想化基盤を構築する場合にESXiのインストールを省略できます。
OS無し サーバー作成完了時にOSをインストールしない状態でご利用頂く場合に使用するカタログです。
RAID構成

サーバーに搭載されているディスクのRAID構成を選択します。
サーバータイプ毎に設定可能なRAID構成が異なります。
詳細はこちらをご確認ください。

 

カタログ・タスク一覧(サーバー作成後)

サーバー作成後に実行できるカタログ・タスク一覧です。
カタログの実行には一部を除いてサーバーの状態を「サービス利用中」から「メンテナンス_お客さま」へ変更する必要があります。

カタログ名 詳細
BMCリセット BMCを再起動します。
※ハードウェアチェックツールなど、他のカタログ・タスクを実行していない状況で実行してください。
BootOption変更 (OnBoard)
(初期設定値)
BIOSのBoot OptionをOnboard優先に切り替えます。
Onboardディスクにシステム領域をインストールする場合に使用します。
ブートの順序は Onboardディスク⇒RAIDコントローラ配下のディスク の順になります。
※このカタログはi2.Large-24,i2.xLarge-48のみ利用できます。
BootOption変更 (RAID) BIOSのBoot OptionをRAIDコントローラ配下のディスク優先に切り替えます。
RAID配下のディスクへシステム領域をインストールする場合に使用します。
ブートの順序は RAIDコントローラ配下のディスク⇒Onboardディスク の順になります。
※このカタログはi2.Large-24,i2.xLarge-48のみ利用できます。
※この設定はマザーボード交換時に、初期設定値(Onboard優先)に戻ります。
PXEブートモード有効化 PXEブートモードを有効化します。
ネットワーク上のOSイメージを起動する場合等に利用します。

※すべてのNICのPXEブートが有効化されるため、OSの起動までに時間がかかる場合があります。
PXEブートモード無効化
(初期設定値)
PXEブートモードを無効化します。
ネットワークからのOSブートを行わない場合に無効にします。
UserBMCパスワード変更 UserBMCへログインする際のパスワードを変更します。
ネイティブVLAN有効化 ネイティブVLANを有効にします。
タグVLANを利用できないシステムを構築する場合などに利用します。
ネイティブVLAN無効化
(初期設定値)
ネイティブVLANを無効にします。
ネットワークI/F Shutdown クリア
(初期設定値)
ベアメタルサーバーに接続されている対向スイッチの物理ポートの閉塞を開放します。
ネットワーク障害試験を行うためのカタログです。
ネットワークI/F Shutdown セット ベアメタルサーバーに接続されている対向スイッチの物理ポートを閉塞します。
ネットワーク障害試験を行うためのカタログです。
この機能は障害試験用のカタログです。
「サービス利用中」ステータスでは使用しないでください。
ハードウェアチェック ご利用中のベアメタルサーバーのハードウェアをチェックします。
ハードウェアの不具合が疑われる場合にご利用ください。
チェックの完了までに60分程度の時間がかかる場合があります。
サービスVLAN割当て service1, service2のNWタイプに割り当てるVLANを設定します。

 

サービス

2020/09/19 2020/09/19