KDDIクラウドプラットフォームサービス ナレッジサイト

  • HOME
  • サービス
  • ファイアウォール・ロードバランサー
  • 拡張ロードバランサー
  • 【重要なお願い】KDDIクラウドプラットフォームサービス 拡張ロードバランサー「A10 vThunder」のバージョンアップについて

【重要なお願い】KDDIクラウドプラットフォームサービス 拡張ロードバランサー「A10 vThunder」のバージョンアップについて

平素は、KDDIクラウドプラットフォームサービス(以下、KCPS)に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

KCPSオプションメニューである拡張ロードバランサー(以下、拡張LB)「A10 vThunder」のバージョン「2.7.2-P5」をご利用のお客さまにつきまして、必要に応じてバージョンアップ作業が必要となります。
お客さまにはお手数をお掛けし大変恐縮ですが、以下を参照し作業を実施いただきたく、よろしくお願い申し上げます。

1.概要

・2021年5月にクラウド管理システムの仮想マシンバージョン設定のアップグレードを予定しております。

・拡張LB「A10 vThunder」の標準テンプレートで提供しておりましたバージョン「2.7.2-P5」におきまして、新しい仮想マシンバージョンでは、KCPSスナップショット機能※がご利用できません。(お客さまの「A10 vThunder」ご利用には影響ありません)

・拡張LB「A10 vThunder」でKCPSスナップショット機能をご利用のお客さまは、以下の期限までに、最新バージョンの「2.7.2-P17」へアップデートが必要となります。

※KCPSスナップショット機能については、こちらを参照してください。

2.対象

・KCPS拡張LB「A10 vThunder」を契約され「2.7.2-P5」を利用しており、KCPSスナップショット機能で、拡張LBのスナップショットを取得しているお客さま。

※拡張LB「Pulse Secure Virtual Traffic Manager」は対象外となります。

3.バージョンアップ作業

バージョンアップファイル・手順書については、こちらよりダウンロードください。

※バージョンアップ作業後に拡張LBの再起動が必要となります。

4.お客さま作業の対応期限について

2021年5月31日までに、「2.7.2-P17」へバージョンアップをお願いいたします。

 

サービス

2021/10/23 2021/10/23