KDDIクラウドプラットフォームサービス ナレッジサイト

  • HOME
  • サービス
  • ファイアウォール・ロードバランサー
  • 拡張ロードバランサー
  • 仕様

仕様

仕様一覧は以下をご参照ください。

<Pulse Secure Virtual Traffic Manager>

マニュアル/機能対応表

<vThunder>

A10 vthunderマニュアル(Ver 2.7.2)

A10 vthunderマニュアル(Ver 5.2.1)

 

【テンプレート仕様】

<Pulse Secure Virtual Traffic Manager>

テンプレート名 LB-PulseSecureVTM-20.1 100GB LB-PulseSecureVTM-18.2 100GB
ソフトウェア Pulse Secure Virtual Traffic Manager 20.1 Pulse Secure Virtual Traffic Manager 18.2
ゲストOS CentOS 7.8(64bit) CentOS 7.4(64bit)
ルートディスク システムストレージ100GB システムストレージ100GB
対応仮想化基盤 VMware KVM、VMware
提供時期 KCPS Ver.1/2  2021年5月26日~ KCPS Ver.1  2019年3月29日~
KCPS Ver.2  2018年10月27日~
サポート期間 2023年3月16日 2021年8月1日

 

<A10 vThunder>

テンプレート名 LB vThunder 5.2.1-P2 ※1 LB vThunder 2.7.2-P17
ソフトウェア A10 vThunder 5.2.1 A10 vThunder 2.7.2
ゲストOS ACOS(独自OS) ※2 ACOS(独自OS) ※2
ルートディスク システムストレージ100GB システムストレージ100GB
対応仮想化基盤 VMware(KCPS Ver1/2) VMware(KCPS Ver2のみ)
提供時期 2021年10月15日 2015年7月30日~
サポート期間 未定 2022年12月31日

※1 ベアメタルサーバーにおいても利用可能となります。ベアメタルサーバーでは、VMware仮想化オプションをご利用いただいているvSphere ESXi上において、OVAファイルを利用して仮想サーバーを作成することで拡張ロードバランサーの利用が可能となります。

※2 vThunderを(スナップショットから)テンプレート作成する際は、「Other 2.6x Linux(64-bit)」を選択してください。

 

A10 vThunder 5.2.1

  • GUIが新しくなり操作性が向上
    APIも新しくなりCLIで実行できるものをフルサポート(フルAPI)
  • クラウドアクセスプロキシ機能をサポート
    ドメインベースでM365を始め多くのクラウドサービスへのアクセスへトラフィック分散が可能
  • TLS / SSLアクセラレーション機能
    最新のTLS1.3をサポート
  • ZBAR(Zero-day source behavior attack recognition)をサポート
    未知のDDoS防御の対策を容易に対応
  • 実績が豊富なCGN(Carrier Grade NAT)機能をサポート
    同一インスタンスでADCとCGNの併用利用も可能

specification-2

サービス

2021/10/23 2021/10/23