KDDIクラウドプラットフォームサービス ナレッジサイト

  • HOME
  • サービス
  • OS・アプリケーション(仮想サーバー)
  • OS・アプリケーションオプション
  • Symantec Endpoint Protection
  • 注意事項

注意事項

KCPSウイルスチェックオプションご利用のお客様へ「Symantec Endpoint Protection」アップグレードのお願い

詳細はこちらをご参照ください。

Red Hat Enterprise Linux(以下、RHEL)にて、ウイルスチェックオプションをご利用のお客さまへ

KCPS ver2 Red Hat Enterprise Linux(以下、RHEL)7系をご利用で、SEP 14.2 MP1にアップグレードを行った環境において、カーネルアップデートを行うとAutoProtect機能が無効になる場合があります。
カーネルアップデートを実施後、AutoProtect機能の状態をご確認いただき、無効になっている場合には手動ビルドを実施してAutoProtectを再度有効にする必要があります。
手動ビルドの実行手順についてはこちらをご参照ください。

サービス

2020/10/24 2020/10/24