KDDIクラウドプラットフォームサービス ナレッジサイト

  • HOME
  • サービス
  • 仮想サーバー
  • Premium
  • 提供機能

提供機能

物理構成

  • 物理サーバー単位でお客さま専有設備として提供します。
  • 検証用に提供する「ステージングサーバー」をValueのsmall1相当のスペックにて共用の別物理サーバーで提供します。「ステージングサーバー」の利用費用はPremiumの費用に含まれます。
  • 物理サーバーのCPU数:2

冗長構成

  • 物理設備は冗長構成となっており、ハードウエアと仮想化基盤の障害時は、待機系サーバーに自動で切り替わります 。
  • KCPS ver2のVMwareでは、仮想化基盤が検知可能な仮想サーバーの障害時は(ゲストOSでの仮想サーバーの停止と同等)、Premium上の仮想サーバーの再起動は行わないため、仮想サーバー単位で待機系サーバーHAする動作は発生致しません。
  • 待機系サーバーはN+1クラスタの共通設備となっております。
  • 障害復旧後に稼動系サーバーへ切戻す際には、ライブマイグレーション機能を利用してサービス影響なく実施致します。
    ※障害発生状況によっては、切戻しに借用が発生する場合もあります。

提供ゾーン

東日本/西日本のサイトをご選択可能です。

各サーバー、ストレージ、ネットワークを冗長構成とすることにより、単一障害による長時間断を回避するシステム構成となっております。さらに、サイトバックアップをご利用することで、国内2サイトのストレージにデータが生成されるバックアップストレージ(DR)をご利用いただくことにより、お客さまのデータを保全します。
設備構成概要

仮想化基盤(ハイパーバイザー)

仮想化基盤が検知可能な仮想サーバーの障害時は、自動で再起動致します。
同一のハードウェア上で再起動ができない場合は、待機系サーバーで起動致します。
OSおよびアプリケーションの障害の場合は、再起動および待機系サーバーへの切り替わりは発生致しません。

  • VMwareを利用した仮想サーバー環境となります。
メニュー vCPU(*1,3) メモリー(*3) ストレージ(*2) バージョン ゾーン 仮想化基盤 提供形態
Premium 16 64GB 0 2.0 jp2-east01/jp2-east02/
jp2-east03/jp2-east04/
jp2-east05
jp2-west01/jp2-west05
VMware ESXi 5.5 専有
サーバー
メニュー vCPU (*1) メモリー ストレージ(*4) バージョン ゾーン 仮想化基盤 提供形態
ステージングサーバー
(検証用)(*5)
1 2GB 100GB 2.0 jp2-east01/jp2-east02/
jp2-east03/jp2-east04/
jp2-east05
jp2-west01/jp2-west05
VMware ESXi 5.5 仮想
サーバー

*1 1vCPU=2.6GHz相当
*2 ストレージオプションで追加が必要となります。
*3 仮想サーバーへの割り当てて方については、仮想サーバーの作成ページを参照ください。
*4 OS領域用のストレージ100GBまでは含まれます。
*5 vCPU、メモリーは固定で変更できません。

 

 

オプション機能

エクストラアベイラビリティ

Premiumサーバーーを構築する際に、サーバーが収容されるストレージシステムの分散収容グループを最大2グループまで指定することができます。これにより、障害発生時の耐障害性が上がります。

サービス

2020/03/27 2020/03/27