KDDIクラウドプラットフォームサービス ナレッジサイト

  • HOME
  • サービス
  • ネットワーク
  • 内部接続
  • データセンターコネクト
  • 提供条件・注意事項

提供条件・注意事項

  • お客さまのご契約されているKCPSによっては、データセンターコネクトがご利用できない場合がございます。
  • 対象ゾーンを別途ご契約の上、データセンターコネクトのご利用をお願いいたします。
  • データセンターコネクトの申し込みの前にリソース確認を先にお願いしております。
  • データセンターコネクトの申し込みには、先にKCPSが開通している必要があります。
  • データセンターコネクトのポート追加やKCPSのNWの設定変更は、KDDIにお申し込みの上、KDDIがプロビジョニング作業を実施いたします。 KCPSのネットワークセグメントを追加、削除の申し込みをされる場合も、データセンターコネクトでご利用中の機器への影響がある場合は、データセンターコネクトの申し込みをいただきます。
  • ユーザー機器から直接、KCPSを経由したインターネット通信には拡張ファイアウォールが必要になります。標準ファイアウォール経由には接続できません(KCPSのパブリックフロントセグメントと接続はできません)。
  • KCPS提供のOSアップデートサーバーやNTP、監視などのモニタリングネットワーク経由で提供されている機能はデータセンターコネクトで接続した機器で利用することはできません。
  • ルーター、L3スイッチ、サーバー機器の接続を推奨としております。L2スイッチを利用することは可能ですが、冗長設計はフレックスリンクのみ許容しており、ループが発生しないよう設計考慮をお願いします。STPは共通SW側でBPDUを受信した場合はポート閉塞します。
  • MTUサイズは1Gbps利用のお客さまは1500バイト固定となります。10Gbps利用のお客さまは9000バイト固定となります。
  • データセンターコネクトで回線を引き込む場合、KCPSとの接続はBackセグメント、KCPS ベアメタルサーバーとの接続は1Gbps利用の場合はBackセグメントを、10Gbpsの場合はBM 10G Backを接続先とする設計としてください。
  • Duplexの設定に関しては、KCPS事業エリア側NW設備の設定にあわせてオートネゴシエーションとします。お客さまが引き込む回線や導入機器によりオートネゴシエーション設定ができない場合は、お客さま責任での対応となりますため、設定内容や通信不可時のお問い合わせに関して、KDDIはサポートいたしかねます。
お客さまご契約ゾーン 接続ポート提供サイト 提供帯域
KCPS東日本 ver2
Zone1~Zone4
TELEHOUSE多摩 1Gベストエフォート
KCPS東日本 ver2
Zone5~
TELEHOUSE多摩 1Gベストエフォート
10Gベストエフォート(ベアメタルのみ)

KCPS西日本 ver2

Zone5~

TELEHOUSE大阪 1Gベストエフォート
10Gベストエフォート(ベアメタルのみ)
KCPS ver1 ご利用できません。 ご利用できません。

 

サービス

2020/08/07 2020/08/07