• HOME
  • サービス
  • OS・アプリケーション(仮想サーバー)
  • OS・アプリケーションオプション
  • 一覧

一覧

仮想サーバー上のOSを月額で提供することが可能です。

  • Admin Consoleから仮想サーバーを作成する際に、OSインストール済のテンプレートとして提供します。
    • お客さまご要件ごとの設定変更/セッティングは、お客さまにて実施頂けますが、KDDIが実施する場合、別途費用が発生します。
    • パラメータは各OSの規定値となります。
  • 開通後のOSに関する運用サポート(パッチ適用含む)は、構築・運用オプションをご契約いただくことにより、KDDIが実施致します。(詳細については別途ご相談ください。)

【選択可能な仮想サーバーOS種別】

※提供可能テンプレート一覧は以下を参照ください。

名称 インストール先
Windows Server 仮想サーバー
Red Hat Enterprise Linux
CentOS

 

【仮想サーバーOS種別と必要ライセンス】

※提供可能テンプレート一覧は以下を参照ください。

仮想サーバーOS種別 ライセンス
Premium Value
VMware
Windows Server OSオプションが必要
(*1)
OSオプションが必要
Red Hat Enterprise Linux OSオプションが必要
(*1)
OSオプションが必要
(*1)
CentOS 不要
無償OS
その他OS(持ち込み) ライセンスの持ち込みについてはこちらをご参照ください。

*1 お客さまにて仮想サーバーのOSライセンスを持ち込むことも可能です。
*2 Red Hat Enterprise Linux サブスクリプションを含むライセンスとなるため、別途ご準備いただく必要はございません。

【OSオプション】(*2)

※提供可能テンプレートは「提供テンプレート一覧」を参照ください。

オプション名称 契約単位
Premium Value
Windows Server
(*1)
Standard Edition 仮想サーバーごと 仮想サーバーごと
Enterprise Edition 物理HWごと 仮想サーバーごと
Datacenter Edition 物理HWごと 仮想サーバーごと
オプション名称 契約単位
Premium Value
Red Hat Enterprise Linux 仮想サーバーごと 仮想サーバーごと
Red Hat Enterprise Linux(ラージ) 仮想サーバーごと 仮想サーバーごと

*1 Windows Server CALを含むライセンスとなるため、別途ご準備いただく必要はございません。リモートデスクトップの同時接続可能数は2台までとなります。
*2 初期インストールまでとなります。

アプリケーションの種類と契約単位

※その他アプリケーション/エディション/バージョンなどについては、別途ご相談ください。

名称 エディション 契約単位 対応OS
Premium Value
ウイルスチェック Symantec Endpoint Protection(Win版)
Symantec Endpoint Protection for Linux(*1)
仮想サーバーごと Windows、RHEL
Microsoft SQL Server(*2) Standard  2012/ 2014/ 2016/ 2017 Windows
Microsoft Remote Desktop Service エンドユーザーごと
Microsoft Office Office Standard 2010/ 2013/ 2016
Office Professional Plus 2010/ 2013/ 2016

*1 Symantec Endpoint Protection for LinuxがサポートするOSカーネルバージョン、およびその他の詳細につきましては以下のページをご参照ください。
ウイルスチェック <https://doc.cloud-platform.kddi.ne.jp/service/os-application/virtual-server-application/caution-sep/>
*2 SQL Serverの稼働コア数は1契約で4コアまでとなります。6コア以上で稼働させたい場合は、追加お申込みいただくことで稼働コア数の変更が可能です。

サービス

2020/01/18 2020/01/18