KDDIクラウドプラットフォームサービス ナレッジサイト

  • HOME
  • サービス
  • OS・アプリケーション(仮想サーバー)
  • OS・アプリケーションオプション
  • ゲストOSの注意事項

ゲストOSの注意事項

KDDIが提供するタイムソース(NTPサーバー)の利用

  • テンプレートから起動した場合、KDDIの提供するNTPサーバーと時刻同期する設定となっています。
    • [time.windows.com]の表示の場合がありますが、IPアドレスはKDDI提供サーバーに設定されています。
  • ファイルタイムスタンプ、イベントログ時刻などサーバー間の時刻同期を目的とする機能です。
  • KDDI提供のNTPサーバーはサポート対象外となります。高精度時刻同期を目的とする場合は、必ず、お客さま環境内のNTPサーバー、またはインターネット経由で外部のNTPサーバーをタイムソースとして指定するようお願いします。

KDDIが提供するDNSサーバーの利用

  • Windows Serverの標準テンプレートのOS初期設定では、DNSサーバーが設定されていません。KDDI提供のDNSをご利用の場合は「106.187.226.171」を設定してください。
  • Red HatおよびCentOSの標準テンプレートのOS初期設定では、KCPSで提供しているDNSサーバーが設定されています。
  • KCPS提供のDNSサーバーはサポート対象外となりますので、お客さま環境内またはインターネット経由で外部のDNSサーバーのIPアドレスに適宜、変更をお願いします。

※KCPSで提供しているNTPサーバーとDNSサーバーはサポート対象外のため、障害復旧はベストエフォート対応、計画作業(システムメンテナンス)におけるお客さまへの事前連絡、ナレッジサイトへの掲載もいたしません。

サービス

2020/09/17 2020/09/17