KDDIクラウドプラットフォームサービス ナレッジサイト

  • HOME
  • 操作方法
  • 操作手順(ハンズオン)
  • バックアップオプション
  • インストール・ライセンスの適用

インストール・ライセンスの適用

※この記事は2020年10月時点の情報に基づいて掲載しています。最新の手順についてはVeeam Software社のVeeamヘルプ・センター(技術マニュアル)から最新のマニュアルをご参照ください。

前提条件

  1. KCPS バックアップオプションを申し込み済みで、KDDIからの開通通知を受け取っていること。

作業手順

※Veeam Backup & Replicationでの手順を一例として掲載しております。Veeam AgentやVeeam Backup for Microsoft Office 365は方法が異なる場合があります。詳しくはマニュアルをご参照ください。

1. インストーラーのダウンロード

  1. Veeamサインインページへアクセスし、Veeamアカウントを作成します。
  2. 「Veeam製品のダウンロード:無償版と有償版」を選択し、Download Veeam Productsページから「Veeam Backup & Replication」を選択します。
  3. Veeam Backup & Replication:Downloadsページから、isoをダウンロードします。

2. ライセンスのインストール

  1. Veeam Backup & Replicationのインストール時、ライセンスファイルのファイルパスの指定が求められます。KDDIからの開通通知に添付のライセンスファイルを指定し、インストールします。※ライセンスファイルのファイルパスを指定しない場合はCommunity Edition(30日間の無償版)で動作します。

操作方法

2021/10/15 2021/10/15