KDDIクラウドプラットフォームサービス ナレッジサイト

  • HOME
  • 操作方法
  • 操作手順(ハンズオン)
  • ディスク・テンプレート・ISO管理
  • テンプレート管理
  • 仮想サーバのインポート

仮想サーバのインポート

ここでは、お客さま環境で作成したサーバのイメージファイルをAdmin Consoleにアップロードして作成する方法を説明します。

※イメージファイルに含まれる仮想サーバのディスクサイズは2TB以内とする必要があります。2TBを超えるディスクサイズの仮想サーバをイメージファイルに変換してKCPS上にアップロードすることは可能ですが、アップロードしたテンプレートからインスタンスを作成することができません。

※KCPSにアップロードが行われると、マイテンプレートとして登録されます。マイテンプレートはバックアップストレージとして課金されます。なお、インスタンスの作成を行うことができないテンプレートであってもアップロードが完了した時点で課金対象となりますのでご注意ください。

※Admin Consoleでの操作を行う前に、対象のサーバイメージファイル(OVA形式)をアップロードを実施するローカル環境に配置する必要があります。

1.Admin Console画面から、「インスタンス管理」をクリックします。

2.インスタンス管理画面が表示されるので、「テンプレート」をクリックします。

3.「ローカルからのアップロード」をクリックします。

4.ローカルからのテンプレートのアップロード画面が表示されるので、値を編集します。

選択・入力項目

名称 説明 備考
ローカルファイル 選択をクリックし、ローカルにあるOVAファイルを指定します。 必須
名前 テンプレートの名前を設定します。※ポータル画面でインスタンス作成をする際にテンプレートに表示される項目 必須
半角20文字以内。
使える文字は、アルファベッド大文字/小文字、数字、“-(ハイフン)”
説明 テンプレートの説明を設定します。 必須
半角20文字以内。
使える文字は、アルファベッド大文字/小文字、数字、“-(ハイフン)”
ゾーン ゾーンを設定します。
ご利用されたいそれぞれのゾーンに登録が必要です。
Admin Consoleからゾーン追加はできません。書面にて、ゾーン追加の申し込みが必要です。
ハイパーバイザー VMwareを選択します。 必須
ルート ディスク コントローラー デフォルトでSCSIが表示されています。 必須
NIC
アダプターの種類
持ち込むOSの種類に合わせて「E1000」、「PCNet32」、「Vmxnet2」、「Vmxnet3」から選択します。 選択
対応OSの場合は、「Vmxnet3」を推奨
キーボードの種類 持ち込みテンプレートの設定に合わせて「US」、「Japanese」から選択します。 選択
形式 OVA形式のみアップロード可能です。 OVA固定(※2)
ディスク数上限は1となります。
OSの種類 ゲストOSと合わせてください。
選択肢にない場合、もっとも近いタイプのOSを選択してください。
選択
抽出可能 本システムでは、テンプレートのダウンロード機能が無効のため、チェックをしないでください。  
パスワード管理
有効
お客さま持ち込みOSご利用時は本機能を使用できないため、チェックをしないでください。  
動的にサイズ変更する チェックしない場合、仮想サーバを起動した状態でのCPU、メモリーのサイズ変更はできません。サービス変更前に仮想サーバを停止する事でサイズ変更が可能となります。
チェックを入れることにより64bitOSは仮想サーバ起動中にCPU、メモリーのサイズ変更が可能です(以下制約有)

  • メモリーは元のメモリーの16倍が最大となります。
  • Linuxは1GB~3GB、4~58GBの間でのみ変更可能です。
  • WindowsOSでは、仮想サーバを再起動するまでタスクマネージャーの表示は更新されません。

注意:vThunderおよび、テンプレート化時に「Other Linux」を選択したテンプレートから作成した仮想サーバでは、オンラインサービス変更はできません。※サービス変更を行う場合、仮想サーバの「停止」が必要となります。

選択

※ 持込みVMwareテンプレートの登録について

Admin Consoleのコンソール画面をご利用になる場合は、事前にお客さま環境にて“VMware Tools”をインストールしたOVA形式のファイルで登録をしてください。
本サービス対応のVMware Toolsは下記より入手できます。

http://packages.vmware.com/tools/esx/5.5

 

5.アップロードが完了すると以下の画面が表示されるので、閉じるをクリックします。

 

6.テンプレートの詳細画面を開き、状況が”Download Complete”になっていることを確認します。

7.登録したテンプレートは、仮想サーバの作成時に選択可能となります。

操作方法

2021/01/12 2021/01/12