KDDIクラウドプラットフォームサービス ナレッジサイト

  • HOME
  • 操作方法
  • 操作手順(ハンズオン)
  • ベアメタルサーバー
  • VMware仮想化オプション
  • 解約
  • ESXiの減設

ESXiの減設

作業手順

前提条件

  1. vCenterServerAppliance(以下vCSA)にログイン可能であること。
  2. 減設対象のESXiサーバーを利用していないこと。(仮想サーバーが存在せず、vSANに組み込んでいない)

事前準備

  1. ご利用の端末から踏み台サーバーにリモートデスクトップ接続します。

1.vCenterログイン

1-1.vCenterGUIにログインします。

2.メンテナンスモードへの移行

2-1.vCenterGUIの [ナビゲーター] から減設対象のESXiホストを右クリックして [メンテナンスモード] – [メンテナンスモードへの切り替え] を選択します。

2-2. [メンテナンスモードの確認] が表示されるので [OK] ボタンをクリックします。

2-3. 対象のESXiホストの表示名に (maintenance mode) が付与されることを確認します。

3.vCenter管理からESXiホストの削除

3-1.vCenterGUIの [ナビゲーター] から減設対象のESXiホストを右クリックして [インベントリから削除] を選択します。

3-2. [ホストの削除] ウィンドウがポップアップされるので [はい] をクリックします。

3-3. [ナビゲーター] から減設対象のESXiホストが削除されたことを確認します。

4.vCSAの削除

4-1. vCSAがデプロイされているESXiホストのWeb Clientに接続します。

4-2. [ナビゲータ] の仮想マシン一覧からvCSAを選択して [パワーオフ] を実行します。

4-3. [パワーオフの確認] ウィンドウが表示されますので [はい] を選択します。

4-4. vCSAを右クリックで選択して表示される一覧から [ディスクから削除] を選択します。

5.ESXiのアンインストール、データ削除

必要に応じ作業対象のESXiホストのデータ削除、OSアンインストールを実施ください。

6.ベアメタルサーバー返却

手順 “ベアメタルサーバー返却” を参照してベアメタルサーバーを削除します。

以上で本手順は終了です。

VMware仮想化オプションを解約する場合は、引き続き “VMware仮想化オプション解約” 手順を実施してください。

操作方法

2021/10/15 2021/10/15