KDDIクラウドプラットフォームサービス ナレッジサイト

  • HOME
  • 操作方法
  • 操作手順(ハンズオン)
  • エラーメッセージと対処方法
  • 仮想サーバー(Value)の作成

仮想サーバー(Value)の作成

下記の対処方法をご確認いただき、それでも問題が解決しない場合は、サポート窓口にお問い合わせください。

 

仮想サーバー(Value)の作成

code 内容 原因 対処
A10003

グローバルIPの払い出しに失敗しました。[仮想サーバー名] の作成は未実施です。

標準FW/LBから割り当てられているグローバルIPアドレスが上限値を超えています。

A10004

 

 

 

[仮想サーバー名] の作成に失敗しました。

 

 

 

(1)仮想サーバーへのIPアドレス割り当てに失敗しました

  • IPアドレスの自動割り当て(DHCP)をご利用のお客さま
    割り当て可能なIPアドレスがありません。既存の仮想サーバーを削除いただくか、新しいネットワークの追加申し込みをお願いします。
  • IPアドレスの指定をご利用のお客さま
    IPアドレスが重複しています。別のIPアドレスでの作成、既存の仮想サーバーの削除、あるいは新しいネットワークの追加申し込みをお願いします。

(2)ご利用されているテンプレートが不正です

  • KDDIテンプレートをご利用のお客さま
    大変お手数をお掛けしますが、サポート窓口へお問い合わせください。
  • マイテンプレートをご利用のお客さま
    お客さまが作成されたテンプレートに問題がある可能性があります。テンプレートを再作成いただくようお願いします。

(3)上記(1)、(2)以外

Valueタイプ・Premiumタイプ併せて、仮想サーバー台数の上限は28台となっています。上限を超えて仮想サーバーを作成されたい場合、担当の営業・SEまでお問い合わせください。

(4)上記(1)、(3)以外

サポート窓口へお問い合わせください。

A10005

 

 

 

[仮想サーバー名] の作成に失敗しました。グローバルIPアドレス(xxx.xxx.xxx.xxx)の払い出しが完了しました。

 

 

 

(1)仮想サーバーへのIPアドレス割り当てに失敗しました

  • IPアドレスの自動割り当て(DHCP)をご利用のお客さま
    割り当て可能なIPアドレスがありません。既存の仮想サーバーを削除いただくか、新しいネットワークの追加申し込みをお願いします。
  • IPアドレスの指定をご利用のお客さま
    IPアドレスが重複しています。別のIPアドレスでの作成、既存の仮想サーバーの削除、あるいは新しいネットワークの追加申し込みをお願いします。

(2)ご利用されているテンプレートが不正です

  • KDDIテンプレートをご利用のお客さま
    大変お手数をお掛けしますが、サポート窓口へお問い合わせください。
  • マイテンプレートをご利用のお客さま
    お客さまが作成されたテンプレートに問題がある可能性があります。テンプレートを再作成いただくようお願いします。

(3)上記(1)、(2)以外

Valueタイプ・Premiumタイプ併せて、仮想サーバー台数の上限は28台となっています。上限を超えて仮想サーバーを作成されたい場合、営業・SEまでお問い合わせください。

(4)上記(1)、(3)以外

サポート窓口へお問い合わせください。

A10006

[仮想サーバー名] の作成が完了しましたが、インターネット公開設定に失敗しました。

払い出したグローバルIPアドレスに対して、ほかの仮想サーバーが紐付いている可能性があります。 

以下の手順から、インターネット公開設定をお願いします。

A10007

[仮想サーバー名] の作成が完了しましたが、インターネット公開設定に失敗しました。

払い出したグローバルIPアドレスに対して、仮想サーバーは正しく紐付いていますが、IP・Port開放がすでに設定されている可能性があります。

IP・Portの開放を設定するにしたがって、インターネット公開設定のご確認をお願いします。

A10008

グローバルIPの払い出しに失敗しました。[仮想サーバー名] の作成は未実施です。

設備異常の可能性があります。 

サポート窓口へお問い合わせください。

A10009

 

 

 

[仮想サーバー名] の作成に失敗しました。

 

 

 

仮想サーバーにPublicFrontSegmentを設定されているお客さま

グローバルIPアドレスの払い出しは成功しました。仮想サーバー作成が60分間で完了しませんでした。 グローバルIPアドレスが仮想サーバーに紐付かない状態で払い出されています。標準FW/LB設定マニュアルにしたがって、お客さまにて削除をお願いします。

IPアドレスの指定をご利用のお客さま

IPアドレスが重複している可能性があります。既存の仮想サーバーの IP アドレスと重複がないかご確認ください。IP アドレスが重複している場合は、既存の仮想サーバーを削除いただくか、新しいネットワークの追加申し込みをお願いします。

上記以外のお客様

サーバーリソースに空きがない状況です。リソース確認のページから対象のゾーンのリソースをご確認ください。

サーバーリソースに十分な空きがある場合、設備異常の可能性があります。 大変お手数をお掛けしますが、サポート窓口へお問い合わせください。

仮想サーバーにPublicFrontSegment以外を設定されているお客さま

仮想サーバー作成が60分間で完了しませんでした。

A10010

[仮想サーバー名] の作成が完了しましたが、インターネット公開設定に失敗しました。

グローバルIPアドレスの払い出しと仮想サーバー作成は成功しました。インターネット公開設定に空いているグローバルIPアドレスがないため失敗しました。

仮想サーバー作成は成功していますが払い出したグローバルIPアドレスが削除されている可能性があります。ユーザーマニュアルに従い、インターネット公開の設定を再度実施いただくようお願いします。

(1)グローバルIPアドレス追加

(2)静的NATを設定する

(3)IP・Portの開放を設定する

A10011

[仮想サーバー名] の作成が完了しましたが、インターネット公開設定に失敗しました。

グローバルIPアドレスの払い出しと仮想サーバー作成は成功しました。 インターネット公開の設定が60分間で完了しませんでした。

設備異常の可能性があります。サポート窓口へお問い合わせください。

A10105

仮想サーバー名が重複しています。仮想サーバー名を変更して、再作成してください。

同じゾーンもしくは別のゾーンに同名の仮想サーバーが既に存在します。仮想サーバー作成は実行されていません。

これから作成される仮想サーバーの名前を変更してください。既に作成済の仮想サーバーの名前を変更することはできません。

A10106

グローバルIPがすべて使われています。グローバルIPを解放するか、インターネット公開せずに仮想サーバー作成し、ポート転送を設定してください。

グローバルIPアドレスの払い出しに失敗しました。仮想サーバー作成は実行されていません。標準FW/LBから割り当てられているグローバルIPアドレスが上限値を超えています。

以下のいずれかの実施をお願いします。

A20002

[仮想サーバー名] の監視設定に失敗しました。

仮想サーバー作成は成功しましたが、監視設定に失敗しました。

お客さまにて手動での監視設定をお願いします。設定手順はこちらをご参照ください。

A21001

[仮想サーバー名] の監視ステータス変更に失敗しました。KCPS Managedから手動で設定してください。

仮想サーバー作成および監視設定は成功しましたが、監視ステータスを「maintenance(監視されない、通知されない)」へ変更することができませんでした。仮想サーバーの監視ステータスは「standby(監視される、通知されない)」となっています。

仮想サーバーの監視と通知を有効とするには、こちらの手順から監視ステータスを「working(監視される、通知される)」へ変更してください。

A21002

[仮想サーバー名] の監視設定処理がタイムアウトしました。

仮想サーバー作成は成功しましたが、監視設定は60分間経過後に失敗しました。

お客さまにて手動での監視設定をお願いします。設定手順はこちらをご参照ください。

 

操作方法

2021/10/15 2021/10/15