KDDIクラウドプラットフォームサービス ナレッジサイト

  • HOME
  • 操作方法
  • 操作手順(ハンズオン)
  • ディスク・テンプレート・ISO管理
  • ディスク追加
  • ディスクの拡張

ディスクの拡張

OS起動ボリューム以外のディスクを最大2TBまで拡張することができます。
ポータルにてディスクの拡張後、OSに認識させるため、仮想サーバの再起動および再マウント処理が必要です。
ディスクリソースの状況によってはディスク拡張ができない可能性があります。
ディスク拡張が失敗した場合、こちらの手順を実施いただくことで、拡張可能となります。
VMスナップショット取得中のインスタンスのディスク拡張は失敗します。
VMスナップショットの削除、または戻すを実施してVMスナップショットを終了してからご利用ください。

linux:次の手順を実施

  • 仮想サーバ再起動→対象ディスクアンマウント→FSチェック(e2fsck -f /dev/xxx)→FS拡張(resize2fs /dev/xxx)→対象ディスクマウント

Windows:サーバマネージャの「ディスクの管理」画面にて次の手順を実施

  • windows2008 仮想サーバ再起動→FS拡張(ボリュームの拡張)
  • windows2012,2016 対象ディスクアンマウント(オフライン)→対象ディスクマウント(オンライン)→FS拡張(ボリュームの拡張)

 

1.ディスク一覧画面で拡張するディスクを選択してください。

2.ディスクの詳細画面にて「ボリュームサイズの変更」ボタンをクリックします。

3.拡張後のディスクサイズを入力し、「OK」を押してください。

4.拡張完了後、OSに認識させるため、仮想サーバの再起動および再マウント処理が必要です。

linux:次のコマンドを実施(resize2fs /dev/xxx)
Windows:サーバマネージャの「ディスクの管理」画面にて再マウント

操作方法

2021/10/23 2021/10/23