KDDIクラウドプラットフォームサービス ナレッジサイト

  • HOME
  • 操作方法
  • 操作手順(ハンズオン)
  • ベアメタルサーバー
  • サーバー作成
  • OSインストール済サーバー
  • WindowsServer 2019 初期設定

WindowsServer 2019 初期設定

本ページではWindowsServer2019のBMテンプレートを用いて作られたベアメタルサーバーとライセンス認証サーバーおよび、WSUSとの疎通を行うためにBM Monitoringセグメントとの接続を行う手順をご紹介しております。

【注意】
BM Monitoringセグメント経由でのライセンス認証が行えない場合、WindowsServerは期限付きの評価版として動作します。
有効期限を過ぎるとWindowsServerをご利用いただけなくなりますので必ずサーバー作成後には本手順を実施ください。

事前準備

  1. ベアメタルサーバーの作成にBMテンプレートのWindowsServer 2019のカタログを使用して完了していること。
  2. 作成したベアメタルサーバーのBMC RemoteConsoleに接続していること。
    ※BMC RemoteConsoleへの接続手順はこちらを参照ください。
  3. Windows上で認識されているネットワークデバイスとMACドレスが確認できていること。
    ※OS仕様上、Windows上で認識されるネットワークデバイスの認識順序が不規則なため、MACアドレスによる接続先をご確認ください。

設定情報

Windows Server 2019 の初期設定値はこちらです。

構築手順

1. 初回ログイン

1-1. Administratorのパスワードを設定し、「完了」をクリック

 

1-2.ロックを解除するために[RemoteKVM]ウィンドウにある [Send Keys] → [Ctrl+Alt+Del] をクリックし、1-1で設定したパスワードを入力してログインします。

 

2. NICチーミングとVLANの設定

2-1.[サーバーマネージャー]ウィンドウから[ローカルサーバー] → [NICチーミング] を確認し[無効]の部分をクリックします。

 

2-2.ウィンドウ内左下部分の[チーム]内の[タスク]プルダウンから[チームの新規作成]をクリック。

 

2-3. [NICチーミング]ダイアログウィンドウが表示されたら各種項目に情報を入力します。

ここではチーミングの設定がLACPによるAct-Act構成になるように設定していきます。

チーム名 (任意の名称)
※ここでは「ServiceNW #1」としています。
メンバーアダプター ※ServiceNW #1に接続されているネットワークデバイスのMACアドレスをご確認の上、適宜ご指定ください
MACアドレス確認方法はこちら
追加のプロパティ チーミングモード LACP
負荷分散モード 動的
スタンバイアダプター (選択不可)

各項目の入力ができたら[プライマリチームインターフェイス]をクリックします。

 

2-4. [新しいチーム インターフェイス]ダイアログウィンドウが表示されたら[特定のVLAN]を選択し、BM MonitoringセグメントのVLAN IDを入力します。

VLAN IDを入力するとチームインターフェイス名が自動的に “ServiceNW #1 – VLAN 999” となります。

 

 

2-5. [NIC チーミング]ウィンドウ内下部にある[チーム]に先ほど作成したNICチーミング情報が表示され、[状態]が”OK”となれば作成完了です。

 

3. IPアドレスの設定

ここでは

3-1. [スタート] → [設定] → [ネットワークとインターネット]と画面遷移し、[アダプターのオプションを変更する]をクリック

 

3-2. [ネットワーク接続]ウィンドウ内に”ServiceNW #1 – VLAN xxxx” と表示されたデバイスがあるので適宜IPアドレスを変更ください。

※ベアメタルサーバーへ割り当てるIPアドレスはこちらを参考に適宜設定してください。

操作方法

2022/07/05 2022/07/05