KDDIクラウドプラットフォームサービス ナレッジサイト

  • HOME
  • 操作方法
  • 操作手順(ハンズオン)
  • マネージドオプション
  • OS基本監視
  • エージェントインストール

エージェントインストール

エージェントの手動インストール手順


KCPS Admin Consoleから「KCPS Managed」をクリックし、左メニューの「Mackerelダッシュボード」からMackerelの管理画面にアクセスしてください。

 

Mackerel管理画面の左メニューにある「新規ホストの登録」をクリックしてください。

 

新規ホストの登録画面に遷移するので、監視対象インスタンスのOSに合わせて、インストール方法を選択してください。

  • 赤枠:Linux系(RedHat/CentOS)
  • 青枠:Windows系

 

  • Linuxの場合

(1)「CantOS / Red Hat」を選択してLinuxインスタンスに対するエージェントインストール手順を表示します。
(2)お使いのOSバージョンを選択し、表示されるcurlコマンドを使ってエージェントインストールを実施します。そのままコピーして、サーバ上で実行してください。
※実行にはsudoできる権限が必要になります。
※実行にはMonitoringSegmentに接続できる必要があります。

 

  • Windowsの場合

(1)「Microsoft Windows」を選択してWindowsインスタンスに対するエージェントインストール手順を表示します。
(2)監視を追加するインスタンス上で「mackerel-agent-x64-latest-kcps.msiをダウンロード」を選択してインストーラーのダウンロードを実施してください。
この画面を表示できない場合は、URLを直接指定してインストーラーのダウンロードを実施してください。
※インストーラーのダウンロードはMonitoringSegmentに接続できる必要があります。
(3)ダウンロードしたインストーラーを表示されるコマンドを指定して実行してください。
※インストーラーのパスは適宜修正してください。
※APIKEYの部分は該当オーガニゼーションのAPIキーが表示されるため、変更は不要です。

 

エージェントのインストールが完了すると、Mackerel管理画面上にインスタンスが表示されるようになります。
以上でエージェントのインストール完了となります。

操作方法

2021/10/15 2021/10/15